9784041079430

発行元から

忘れていた幸せの味、思い出してみて。
子供のころの記憶に苦しむOLや、父の再婚に悩む少女──
迷える人々の心を、絶品サンドイッチが癒やします。

大阪の靱公園にある『ピクニック・バスケット』は、開店して三年を迎える手作りサンドイッチの専門店。蕗子が、姉の笹子──笹ちゃんのこの店を手伝いはじめて、半年になる。
笹ちゃんは店を訪れた人たちの、具材への思いや記憶、そして物語をやさしくパンにはさんで、誰が食べてもなつかしいような新しいような、そんなサンドイッチをつくっているのだ……。
おっとりした姉としっかり者の妹、店を訪れる個性的な人々──常連客の小野寺さんやパン職人の川端さん──が織りなす、優しくも愛おしい物語。

目次

1 タマゴサンドが大きらい
2 ハムキャベツの隠し味
3 待ち人来たりて
4 はんぶんこ
5 おそろいの黄色いリボン

谷瑞恵の本

木もれ日を縫う

木もれ日を縫う

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

3姉妹は東京に出てからほとんど母親と連絡を取っていなかったら ある日母親が行方不明だと連絡が入る 見つからないまま月日がたった ところが突然 3姉妹の住む東京へやって来た 母の目的は3姉妹に渡すものがあるという事 しかも山姥になって全てを忘れてしまう前にと言う 昔からの言い伝えってどこまでがホントでどこまでが脚色なのか・・・ ただ親子ってどこまでいっても親子なんだな 母親と再会した時の紬の感覚は正しかった 母親の人生は側から見たら辛そうに見えていても 本人にとってはそうでもなかったんだとしたら案外気持ちの持ちようで人生は違ってくるのかもしれない

約2か月前

3ac63efa 7036 47d7 bbc1 e729b86b4ce6A0e34a18 347e 486a 8e43 4dde98c27f19Icon user placeholder
拝啓 彼方からあなたへ

拝啓 彼方からあなたへ

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

中学時代から親友と手紙のやりとりをしていた詩穂 大人になってから「おたより庵」という手紙に関する商品を中心にした雑貨屋を営んでいる 携帯電話が常となった今 あまり手紙を書くことがなくなっているが 想いを伝えるということで言えばメールや口頭よりも手紙の方が伝えやすいというか伝わりやすいのかな 詩穂もお店に来たお客様に手紙にしてみることを勧めていて 素直な気持ちを書き連ねることで見えてくるものがある 過去と向き合う事から未来へと進んでいけるのだろう

2か月前

思い出のとき修理します 4 永久時計を胸に

思い出のとき修理します 4 永久時計を胸に

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

シリーズ4作目(完結) 明里へのドレスウォッチが完成 2人の未来を考えるときがやってきた 過去に会えない彼女と別れた経験のある秀司が出す結論に明里が出す答え 2人が選んだ未来はきっと間違っていない どちらかの夢を諦めさせたら いつか後悔するときがやってくると思うから

3か月前

56e2ca92 cfba 47d9 8c11 413b37ff5aa8De6aca64 47be 43a4 8cd0 f11dbe4616bdD7131e7e 5927 4ce8 9f13 cf2359f258ee 8
まよなかの青空

まよなかの青空

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

貸切の時だけ走る二階建ての電車「あおぞら号」 その電車の中で “ソラさん” に出会うと幸運が訪れるとか願いが叶うと言う噂がある 小学校の修学旅行で乗ったあおぞら号でソラさんに会ったという主人公の竹宮ひかるに 亡くなった父から携帯番号だけが書かれた手紙が届く かけてみたら 昔母親に内緒で会っていた男の子だった その子と一緒に昔会ったソラさんを探すことになる いろんな人と出会い みんなが繋がっていくたびに ちょっとずつ明らかになっていく過去 だけど誰もがソラさんになり得ることがわかって 関わったみんなが少しずつ幸せな方向へと向いていけたのが ソラさんを探した甲斐というものだ

約1年前