517za5eaanl

コメント

《結婚式にもらった本シリーズ》
葉山に住んでいた藤代さんも、今は沖縄に。日常of日常の、この自然光が輝く写真に涙が出る。

愛。愛しかない。ほんまの愛って、クリスマスのイルミネーションとか高いプレゼントとか、キラキラしたもんに宿るんじゃなくて、よれよれのTシャツとか、手の握り方とか、何でもない、小さい所に宿ると思う。

写真を撮ることによって、普段は見逃していた日常の美しい瞬間を、注意深く見られるようになる。

当たり前に溢れた「特別な日常」がこの本には詰まっている。

日常が特別へと変わる一冊。

読者

Cf3ecaf6 9986 4e08 92fb 18b9fca828a989e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0eEe7f24df f499 488f a228 c9774f34e662D9a82045 dfe9 4fc1 8423 7e2a73a0e84024a1cb48 1125 4abb 94b1 a36b7246dc1c64142c52 9253 46a9 9da4 4c1d9bfa364f68400bb6 0285 4159 a455 8ec533e6c88fA6a8a7af b1cd 45bc ab4f e16abdf122f9 10人

アート

映画制作、はじめの一歩。サクッと学べる39のキーポイント

映画制作、はじめの一歩。サクッと学べる39のキーポイント

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca

Taraco-Sell-たらこせる

nigata-saitama,m…

先程行った高円寺文禄堂でも新刊棚で見つけたこちらの本、図書館で借りていたやつを読み終える。「ミュンヘン」における「かっこいい位置関係」がパッと出てこない。でも「プライベートライアン」もそうだったけどスピルパーグはA地点、B地点の見せ方に明確な線を引いてるんだろうな。

約5時間前

秘境駅

秘境駅

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

秘境駅とは、鉄道以外での到達が困難であり、周囲に民家や観光スポットの類も存在しない、何故に存在しているのかが不思議になる駅のことを指す。 鉄道でしかたどり着けない。クルマや徒歩ではたどり着けないなんて、、そんな駅あるのかよ!と思う方もいるかもしれないが、コレが意外に存在するのである。 筆者の一人、牛山隆信さんは全国全ての秘境駅を訪れ独自のランキングを公開している。この世界のパイオニアのような人で、数々の著作を持ち、映像メディアにも進出している。 本作は秘境駅の写真集の体裁をとっており、文字情報は控えめ。枯淡の味わいを醸す秘境駅の美しさを余すところなく表現している。 秘境駅のほとんどは、最初から秘境であったわけではなく、時代の変遷と共に世間の流れから隔絶され、次第に過疎化し、孤立していったものが多い。 時の流れに取り残されたこれらの駅は、近年「秘境駅」として脚光を浴びるようになってきているが、訪問時、最低限の敬意は忘れないようにしておきたいところ。

3日前

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c3541e3c1 5be5 4209 a6da 469862481d502cfb4cb0 4aa9 4224 8d5b 59bd1c2602f2
アート戦略/コンテンポラリーアート虎の巻

アート戦略/コンテンポラリーアート虎の巻

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696

くすまり

読書だいすき

この本は現代アートの見方を指南してくれる本ではない。そもそも現代アートは日々変化していくものだし、これこれこういう見方が正しい、なんて言い切れないというのが正解なのだと思う。だからなにか明確な指針を期待しているのなら、この本は期待はずれだという感想になってしまうだろう。 現代アートに触れていく中で、人それぞれ様々な疑問が浮かぶだろう。なぜあの作品は高額なのか、なぜあの人は世界的アーティストになったのか。この本は、現代アートに関する、尽きることのない様々な疑問を、著者である後藤さんと一緒に考えるためのコミュニケーションブックである。

9日前