41ghuirprul

彼氏がいるのに、別の人にも好意を寄せられている汐梨。バイトを次々と替える翔多。絵を描きながら母を想う新。美人の姉が大嫌いな双子の妹・梢。才能に限界を感じな... 続き

コメント

面白くて一気に読んでしまう。短編が続くごとに話が繋がっていって自分の感情もその都度変わっていって楽しかった。本当に浅井リョウさんはすごい!

朝井さんの作品は文章や何気ない表現が凝っていて好きです。自分の想像してた19歳ってこんなんじゃなかったよな、いつから子供の頃と同じではいられなくなったのだろうというようなテーマが所々でてきて共感できました。他人から見た自分を考えさせられるような本だった気がします。もう一度はじめから読み返してみようと思います。

学生の葛藤や苦悩がリアルでした。いつも朝井作品はどこかで自分も経験したような話が出てきて、共感できます。

「何者」にもすこし通じる部分を感じたけど一方では妬まれるほど羨ましがられている人物、若しくは、変なヤツと思われているような人物が、他方では実はそんなことなかったりして。様々な角度から見た〝あの子″が出てくるという感じ。事実を知った途端、正直ナメてた相手が憧れに変わることってあるよなぁ.....恥ずかしい。。。
朝井リョウ、若者を描くのが最もうまい作家さんじゃないか。

見えないモノを見えるカタチにできる朝井さんはさすがだなと思う。
まだまだ大人になりきれていないオレにもどこか届く言葉があって、心をユラユラと揺らされている気持ちになる。

はなしの中心人物はそれぞれがモンモンと何かに悩み、その悩みには大きいも小さいもない。
それはきっと自分たちにも同じことが言えることだとも思う。そしてかならず何かに挑戦していく姿勢がつたわってくる。

ちょうど今の自分と同じくらいの年代の人たちの話っていうのと、朝井さんのとても丁寧な比喩に共感が止まらなかった。今この作品に出会えてよかったです。

文章がとても好きです。日常を大切にしたくなりました。

大人と子どもの間、人はたくさん悩む。
青春小説の極み。

大人になりきれない私の胸はぎりりと痛んだ。

朝井リョウさんの作品は、本当に読みやすい。
若者の心理描写がすごくて、時に自分も恥ずかしくなったり耳が痛かったり……。

朝井リョウさんお得意の、短編が少しずつ繋がっている構成が面白い。この世代の苦悩や焦りがリアルで、よく観察してるなぁと驚いた。

世界が繋がっている短編集は、どこにでも物語があって、どんな他人も何かを考えているという、暖かい、ほっこりするような気持ちを感じられるから好きです。甘塩鮭と、留守中勝手に家に上がってご飯を炊いてる友達と、お味噌汁が欲しい。

大好きな作家。短編が連作できれいに繋がっていく。無駄がないので、人物相関図を描きたくなるくらい。自分は中年で、この小説に出てくる若者達の時間はとっくに過ぎ去ってしまった。それでも共感し、物語から離れず、一気に読み終えたところに作家の力を感じた。何故か頭の中でアニメーションに変換された。

すぐそばにありそうな物語。

こういう感情って、学生でいる今しか味わえないんだよなぁ、きっと。

才能に溢れたすごい人が超はっぴーかというとそうでもないのかなって。

先日、朝井リョウさんの「もういちど生まれる」を読みました。

青春小説を読みたい気分だったのと、某インターネット・ショッピング・サイトのレビューで、「「桐島、部活やめるってよ」のような作りの小説で、原点回帰作」といった意見があったので、読んでみました。

たしかに、それぞれの登場人物たちがつながっていて、「桐島、部活やめるってよ」と似たような作りの小説ですが、「もういちど生まれる」の場合、登場人物たちが大学生なので(大学生じゃない登場人物もいるけど)、「桐島、部活やめるってよ」とは、またちょっと作品の雰囲気は違いますね。

「桐島、部活やめるってよ」の場合、とある高校内での話なので、世界が狭い感じ。

「もういちど生まれる」は、登場人物たちが大学生なので、将来や自分に対して不安を感じつつも、「桐島、部活やめるってよ」よりも、世界が広かったり、陽気な雰囲気があったりします。

しかし、朝井リョウさんは、女性キャラクターを書くのがうまいですね。

男性作家が書いてる感じが全然しないです。

別々の話だと思っていたけどちょっとずつ繋がってて本当にありそうな大人と子供の間の微妙な気持ちが伝わってきてそわそわした。

大学生を描かせたらこの人の右に出るものはいない。
が、おそらく社会人でも、相当はれるんじゃなかろうか。(そういえば学生モノしか読んだことない)

学生時代の自由で虚しい気持ちを思い出し、ちょっと愛おしくなった。(撫でてあげたい)

各主人公の対比として散々登場する椿の主人公バージョンがなかったのが、くそぅ著者め、となる。
2018.11

社会に出ると世界が広がり自分が小さく思える
自分の才能、劣等感との闘いに共感した
大学の期間は何をしてもいいけれど、この選択が一生を左右するかもしれない危うさがある

朝井リョウさんの描く若者はリアルで、身近にいそうな感覚。

読者

253143cf 34a1 4879 856d 81378d299d2dA608b42a 6fe7 4e29 a2be fc86a1196bbcA8f52919 cb86 4eef 9e7a 9e32ac5793c8F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a00ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008b306d24ad a35d 4741 ab55 6db05468d04dBfc96147 7c97 436d 85a2 f074b228ca92D20007ad 63a9 4cd5 a7a3 efd19e44946f 99人

朝井リョウの本

風と共にゆとりぬ

風と共にゆとりぬ

5fa6f8e9 4c6e 40d1 85fa 284066c7a6cb

hana

高3 洋書 / 和書

久しぶりにめっちゃ笑った。エッセイ集ってどちらかと言えば苦手だったんだけど、この一冊のおかげで好きになった。レンタル彼氏が最強すぎるのと、ビールかけの下りが好き。仕事の合間に踊り出し、また真顔で作業に戻ることに共感している。

約2か月前

Aaa44b68 d736 48b4 bc15 f33cf39d36cd73bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe 35
世にも奇妙な君物語

世にも奇妙な君物語

39232fa2 67af 4080 883d 34b51dc8ae24

ぽぬめ

IT企業で働いています

オチのつけ方が本当に「世にも奇妙な物語」。 短編集のためか、心を抉る感覚よりもオチの鮮やかさを優先している印象。 最後の話は テレビ番組でやってほしいなと思ったり。

3か月前

99354e61 4d30 4c31 a1b8 7e53f20a42adIcon user placeholderE0d88736 c5b5 4929 a40e 396c3ca8a50e 43
世にも奇妙な君物語

世にも奇妙な君物語

6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376

tomo

本が大好きです。

この方の本はとても読みやすい。 一番最初の話がとてもよかった。 いつかドラマ化されるかしら。

4か月前

C930392e 6fb2 4fc8 ac04 049a9ab566d9E1f76642 2e2a 4645 af94 1e658ec80c5f7172755b acea 4b89 8c97 6199cd548e3b 57