51asrqbrfvl

作りおき不要! 準備10分! 誰でも作れるワンパターンごはん、 でも、これがウマいんだ! アフロえみ子の 1食200円 驚きの食生活を大公開  アフ... 続き

コメント

この本をきっかけにぬか漬けにチャレンジ。ずっとやりたかった

読者

B6c630a3 1e6b 40b2 9330 1c4239fdd89bC4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26cIcon user placeholder58b5566d 83bb 4051 87e5 7cb861f09d66Icon user placeholder6603f993 76fc 4a32 b727 770c596558d1C650edbe f538 4d2e b1a2 5a08d1af82f4F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf9 35人

稲垣えみ子の本

人生はどこでもドア: リヨンの14日間

人生はどこでもドア: リヨンの14日間

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c

ハイパラ@ミニマリスト

読みたい本が、いっぱい!σ^_^…

「寂しい生活」が良かったので、手にしてみた。このような旅行記は初体験!軽妙ながらも引き込まれていく。何というか、ワタシにも身近な旅とでも言おうか。そして旅にあって著者が得たものに、なるほど!と思う。旅をするのは、帰る場所があるから。そしてまた、人は旅に出る。どこでもドアか。言い得て妙!

22日前

寂しい生活

寂しい生活

E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4

avocado901

読むのは主に翻訳小説だけど、本棚…

豊かさとは何か。自由とは何か。東日本大震災後の節電生活を通して、モノを所有することに疑問を持ちはじめた稲垣さんは、とうとう極端と言えるほどのミニマリストになります。その生活を真似しようとは思わないけれど、確実にやってくる老後の生活の不安を和らげ、心構えをさせてくれるような本でした。 稲垣さんが提案しているのは、所有ではなくシェアするという考え方を軸に据えた生活です。自宅に様々なモノを溜め込んで籠城するのではなく、半径1キロくらいを自宅と考えて、近所の人と関わり合いながら、モノを共有し助け合って暮らす。お金は、消費ではなく投資だと考えて使う。お金がなければ身も心も豊かになれない、だから稼がなきゃ!という強迫観念から解き放たれると、仕事に対する考え方も変わってくる。 「もう何も追いかけなくていいんだと知ること 。それこそが自由だったんじゃないか 。」という言葉が重く響きました。

1年前

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304aFdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35de014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 12