51qzblqfdjl

太宰治、村上春樹、星野源…ネットで大反響の文体遊戯!100人の多彩な文体で綴るフタ、かやく、湯切り… 続き

コメント

ほぉんとーにバカバカしかった(笑)
焼かないのに焼そばっていうのおかしいとあたしも思ってた!かやく入れ忘れてお湯入れてたり、湯切りでメンもシンクにドバーッとしてバンっ!て音がしたり、あるあるネタだけど作家の文体で書くとまたおかしい。読者もかなり古今東西の作品を乱読してないとこのおもしろさは味わえないかも。

その他のコメント

くだらないギミックが可笑しい!
「カップ焼きそばを作って食べる」だだそれだけのことを100通りの文体で紹介。文豪から新聞記事、自己啓発本や迷惑メールなどなど、状況設定が秀逸です。フタを開けてみたらかやくの袋が浮いてたとか、シンクがボコンッて鳴ってびびったとか、カップ焼きそばあるあるがどこで出てくるのか想像するだけでワクワク楽しい。

読者

55726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e772494ac9095 b4e0 41e9 9e11 e1618df0b23cF344808e 847c 4fb0 8dd6 49f5545e990e00865ec7 f630 4ecb b6f8 fe7a40cfc87699243ee0 23bf 4299 8a2e 183607d5bf7047227c53 989e 4989 b044 f7d7c4e9f4226ffdc386 e16c 4429 a887 401b423b5e6dCdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778 52人

神田桂一の本

41ajjmb%2bxyl
D9a82045 dfe9 4fc1 8423 7e2a73a0e840

ミネシンゴ

出版社 合同会社アタシ社 代表

弊社の髪とアタシ第4刊。 特集は「BAD HAIR」です。 髪にまつわるたくさんの話を聞いてたら104Pになりました。 カルチャー色が強まった第4刊、よろしくお願いします。

約1年前