51zpdg%2bl4vl

「パパがどんなふうに死んだか知る必要があるんだ」「なぜ?」「そしたらどんな死に方をしたか発明しなくてもよくなるから」9.11の物語。世界的ベストセラー待望... 続き

コメント

名作。

大切なものを失って、前と同じように過ごせる訳ないでしょ、っていうことを誰かに言ってもらいたいという気持ち。
読んでいて、自分の中の片付かない感情が整理されたように思いました。
泣けるし、読んでて辛いところもあるけど素晴らしい

その他のコメント

911を題材とした本を沢山読んだがこの本が一番迫る。ものすごくうるさくて、ありえないほど近いものが私にもある。傷ついた心の回復を暖かく嘘なく書かれている。映画より複雑な内容になっているが本のが好き。

読者

B2ad83d8 5ff7 47e9 99e4 d699b3b88da3Icon user placeholderCeee7ead 53b4 4e8b 94bf b91e95ea3dd6C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3bF888b04b d074 442c a9ef d49c5a8788b981b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba5722461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1E1bcb276 3ad6 4c8c 87fa 8e8b0e77dd5a 65人

文芸

女たちのアンダーグラウンド

女たちのアンダーグラウンド

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

 戦後横浜の光と闇」山崎洋子著亜紀書房、横浜は港町という特性から古くから様々なルーツを持つ人々を受け入れてきた。いや受け入れてはいないそこには差別を含む哀しい歴史もあった。その状況でも一歩一歩進んでいくこの町を本書は書いている。 黄金町ガード下に存在していた違法風俗「ちょんの間」は2000年代前半に行われた浄化作戦によって壊滅してその跡地をアートの街として再生を図っているが2019年現在、全く静かすぎる活気のない一体となってしまった。行政がおぜん立てしその意向に沿うものだけを認める官製アートの限界が如実に表れている。批評なき芸術は果たして芸術と言えるのか。もちろんプロパガンダ作品にも優れたものがあるとはいえそんなことを問いかけてくるハマの黄金町ガード下を今日もぶらりと通過。 補足すると地元の人もアートが最適解とは考えておらず 過渡期的状況とは捉えているよう。

約16時間前

メルカトル

メルカトル

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

リュスという青年の、控えめすぎる生き方。フンワリとした不思議な事もリュスによってより、取り留めのない不思議になっていく。 まとめればロマンティックラブストーリーなのだけれど、それだけでこの本は表現出来ない。なんとも、節目のない物語なのだ。

約22時間前

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdIcon user placeholder
サブマリン

サブマリン

62f74644 2d77 4649 b9b3 081373fb01e3

nana

社会人三年目

2019-5-19 読了 陣内さんすき!! チルドレンを読んだのはだいぶ前だから 読み直したいな、と思った 読んでないのあるのに、すぐ伊坂さんに手を出すよね〜

約23時間前

D3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79e9af5a9ff e1a6 4f2f bb4a 9751bf1f90b5Icon user placeholder 13