51wz kzzlll

柴崎友香(作家)「生活と、書くこと。世界と、言葉で遊ぶこと。絡みあって、隙間があって、移り変わっていく。 ひそやかに楽しくて、ひりひりと幸福で、ずっと読ん... 続き

コメント

ポメラ使いの純文学小説家スギウラ30歳中野区在住の言葉を紡いでいく日常を描く、足を使って靴下を脱ぐ場面のリズム。

その他のコメント

主人公が小説家でポメラ使いというところに惹かれて、発売日に買いに行った漫画。
生活と文学の絶妙なバランス感が保たれた作品で、リアリティがある。
言葉や文学に興味がある人には刺さるのでは。
作中にでてきた、たほいやをやってみたいのは私だけでないはず。

読者

Cada80ef 6d3b 4973 867e 25e31b1fb02fC1737d6c 78a8 4535 967a 3fd927417b76C8d9b2a6 91cf 450d b9af fb4fd3ca8fb8C4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26c9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935dBf80402e 2475 41c6 a54a f979444ee1c0Picture870e5356 1916 4821 b503 59c16c5338df 22人

オカヤ・イヅミの本

ものするひと 2

ものするひと 2

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

さすらいのアリクイ

兵庫の山の中で暮らしています

画も話も盛り上がる場面がずっと来ないのではと思ってしまうぐらい静かな雰囲気のマンガ。このままの調子で行くのかなと思いながら読んでいくとその静かさの中に登場人物たちの思考、欲望、気持ちが潜んでいることがわかる。そしてじわじわと来る話のリアリティ。2週間小説を書いてない小説家の主人公が窓を拭きながら「目の前にいつでも「すること」はある」と思ったりとか、その主人公を知っていて自分で小説を書いている大学生の男が自分は何者でもなくて、あの人(小説家の主人公)は作家だと言い、あの人の前では極力ミーハーに見えないように振る舞ってしまう…と語る場面とか。地味なマンガ。しかしその地味の中に色々なものが入っていて、読みごたえがあります。

6日前