51huxazsovl

「ものづくりの日常が、ふわっと軽やかで、なんとも愛おしく、手放したくない傑作。紺さん、これからも『ポメラ』で言葉をつむいでください」 株式会社キングジム ... 続き

コメント

画も話も盛り上がる場面がずっと来ないのではと思ってしまうぐらい静かな雰囲気のマンガ。このままの調子で行くのかなと思いながら読んでいくとその静かさの中に登場人物たちの思考、欲望、気持ちが潜んでいることがわかる。そしてじわじわと来る話のリアリティ。2週間小説を書いてない小説家の主人公が窓を拭きながら「目の前にいつでも「すること」はある」と思ったりとか、その主人公を知っていて自分で小説を書いている大学生の男が自分は何者でもなくて、あの人(小説家の主人公)は作家だと言い、あの人の前では極力ミーハーに見えないように振る舞ってしまう…と語る場面とか。地味なマンガ。しかしその地味の中に色々なものが入っていて、読みごたえがあります。

読者

1df3d0a7 1e61 4971 9dcd 77c4338b50954d9421b7 30ff 445c afdf 7120ac33f6dc20bdbde9 151e 4f80 baf3 01d3999b8546Ee405de9 bf9d 4f1d a430 1ccb2ed4134dE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f 5人

オカヤ・イヅミの本

ものするひと 1

ものするひと 1

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

ポメラ使いの純文学小説家スギウラ30歳中野区在住の言葉を紡いでいく日常を描く、足を使って靴下を脱ぐ場面のリズム。

12か月前

20bdbde9 151e 4f80 baf3 01d3999b8546Ee405de9 bf9d 4f1d a430 1ccb2ed4134d774af42e 30e9 462d a3c0 2639c09025a8 26