51ady2f5gsl

夫から逃れ、山あいの別荘に隠れ住む「わたし」が出会った二人。チェンバロ作りの男とその女弟子。深い森に『やさしい訴え』のひそやかな音色が流れる。挫折したピア... 続き

コメント

山奥の別荘に籠る主人公の瑠璃子、チェンバロを作る新田と薫さん、飼われている犬のドナ(別小説に出てくるブラフマンを連想させる、可愛い)、美味しそうな食事、自然。チェンバロのように繊細に紡がれていく日々の幸せと切なさが丁寧に描かれていく。

その他のコメント

チェンバロ(あるいは、それをつくったり弾いたりすること)を通して3人の関係性や距離が見えてくるところが面白かった。ただ、それらが明らかになればなるほど苦しく、痛くもあった。

読者

B0a667f6 1b79 43a9 8ca8 a6872aa208a5Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc8C27c0d60 7486 4268 a856 d2fd734e0e122f2dc317 12d9 4c52 9738 f964578be5fcBd080493 0c94 44e6 8353 048ac9ddba36 5人

小川洋子の本

ミーナの行進

ミーナの行進

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

思い出は、人生の宝物になる。 ゆっくりとミーナとの生活が語られていきます。オトナの事情も、子供の目線で。日々の生活が優しく丹念に描かれています。

3か月前

ことり

ことり

C03ba3cc a965 4760 9953 8a0907da112b

tomomi

からだの本、科学の本、随筆、小説…

何気ない日常の描写の中に不思議なくらい引き込まれていく。

4か月前

6b235e15 d518 47e4 92fc 833f3badd0ef677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd63af5021b 4ac7 4e17 987c c45b2d6c9fde 9