418utfb8jyl

努力できるのも才能?いえ、努力なんて、誰でもできます。コロンビア大学心理学博士が、科学の最新の知見をもとに、あなたの常識を次々とひっくり返す!話題の全米ベ... 続き

コメント

目標達成に関して、非常に科学的なアプローチで書かれている。

目標に対して「獲得型」と「証明型」という対立軸は、日常の目標について分析する時にも良く使う。

最終章では「目標の諦め方」までちゃんと書いていて、本当に生きていく上で活用できる内容になっている。

「やる気があれば何でも出来る」という、根性論しか知らない上司に読ませたい一冊。

その他のコメント

読者

De629e6a f9b9 45a6 bb3d f2695b87d7fe7c07e33c 1af7 43ef bc1e a8622d8bb77a77d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a4Cd2d28ae 0e91 4b6d a6cb da82ed2a97d68580b2f3 a10c 4cf6 92b7 76d8d1bcde93F417afd3 6d0a 41a2 b1c5 1f58b01cca64C09f2ab5 7329 4049 97fe e1381742c40eF96964de 99c8 43b1 82a0 19448e127ada 9人

ハイディ・グラント・ハルバーソンの本

やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学

やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学

450974d3 f645 49c4 ab5a 4c88433f554e

ぴー

初心者

私は意思が弱いと思っているので読んでみた。 まず、意思が弱いと思っている時点で弱くなってしまうらしい。努力で意思の力は向上する。との事。 各章にまとめが書いてあり、そこを読むだけでも良いかも。 各章のまとめ 1 明確な目標を持っている。2 if-thenプランの形で「いついつになったらやる」と計画している。 3 現状と目標までの距離に目を向けて「目標に近づくために何をすべきか」に焦点を当て、モチベーションを維持している。 4 成功できると信じている。同時に、成功は簡単には手に入らないと考えて、努力をおこたらない。 5 最初から完璧を目指さない。失敗を恐れることなく、少しずつでも進歩することを考えている。 6 どんな能力でも努力で身につけられると信じている。どんな困難でも「やり抜く力」を持って当たることができる。 7 意志力も鍛えれば強くなることを知っていて、習慣的に鍛えている。筋力と同じように、意志力も使いすぎれば消耗することを知っている。 等があり、人間の意思って結構弱く、意思が続くように工夫が必要と言うことが分かった。

11か月前

C8d9b2a6 91cf 450d b9af fb4fd3ca8fb8Ee751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113fA5842465 cd81 4d78 acd9 29b6e11548d3 10