41dgbiaaj9l

コメント

「やらない決意」
題名からとてもパンチのある本でした。

普通ならやる事を決めるという人が多いですが、
著者は「意志エネルギー」を
消費しない事に重点を置いています。

そのためには、「何をやるか」ではなく
「何をやらないか」が重要。

では、なぜそこに行き着いたのか?

著者の体験である
「一つのことに集中すれば、成功する」
という言葉に尽きるでしょう。

著者は一点に集中することで、
今の富を築いたと言います。
逆に、多くのものに手を出したときは低迷したと。

そのため、「意思決定」を行う機会を極力減らし
ルーティンを定着させ、
自分が集中したいものに「意志エネルギー」
を注いできたそうです。

エネルギーを節約する具体的な例として、
・「マルチタスク」はすぐにやめる
・メールチェックは1日2回、朝からSNSはみない
・服選びで迷わない
・二次会には絶対に行かない
・高いものを一つ買う
・食品は週一回のまとめ買い

考える機会を減らす事が大事だという事。

●毎日情報を発信し続けることで、
引き寄せの法則から知識や人脈が集まる。

●知識やスキルを身につける、
より効率的な方法は、
その道の先輩から直接教えてもらうこと。
人脈作りにお金をかける。

●目標年収の10%の額の自己投資を必ずする。

●連絡を取りたい人には名刺交換はしない。
番号やアドレス、FBなどをその場で登録する。

ーーーーーー
本書を読んで
・行きたくない誘いに乗らない
・SNS、テレビは極力みない
・夜更かししない
・安い物を買わない

という、やらない決意をしようと決めました。

自分の大事なエネルギーを
将来に必要な一点に絞って注ぐ事をしたい。

好きなものや、やりたい事が沢山あるので
そこの断捨離も行いながら、
進んでいきたいと思います。

読者

Af143b8d 84ed 418d 9f92 4c760055822f

ビジネス

会話は、とぎれていい

会話は、とぎれていい

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

題名のように、会話はとぎれていいって言われると少し楽になる。一つの章自体も短めで読みやすい。タモリさんやマツコ・デラックスさん等の話が書かれていたりするので裏話的な視点でも面白い。

6日前