51ifa6e3qll

JR中央線・乗降者数最下位の西国分寺駅-そこで全国1位のカフェをつくった著者が挑戦する、"理想と現実"を両立させる経済の形。 続き

コメント

あと何回か読んで、しっかり自分の中で消化したい一冊。
読み終わったあとに、「もう一回」っと思う本って、珍しいかも。

ピンチョン買いに行ったらなぜか目について買った1冊。店やってる身としては、また、値段は一切提示しないのでお客さんで決めてくださいということをやっていたことのある身としても、本当にいろいろ考えさせられた。ギブ。そうだよなあと。ギブ&ギブをやりたくてああいうことやってたんだよなと。そして今どれだけギブできているかなあと。がんばれ、俺、大丈夫大丈夫、がんばるぞ、となりました。

人気カフェ・クルミドコーヒー、そのオーナー影山さんの新著。いやぁ、これはもう、本当に読み応えありました!

簡単に内容をご説明すると、カフェの運営にまつわるノウハウ本……といったイージーなものでは全然なくて、社会におけるカフェの役割や存在意義、あるいはこれからの市場経済(購買活動)の在り方、さらに言えば、十分すぎるほど豊かになった成熟社会において、私たち一人ひとりが本質的に豊かな生活を送っていくための鋭い考察と深い思索を伴ったものなのです。

お客さんを消費者としてではなく、“受贈者”(贈り物を受け取る人)としてコミュニケートし、心を尽くして商品やサービスを提供するというペイ・フォアード(PAY FORWARD)的な思想は、効率/利便性という名の歯車が高速で回り続ける現代において、血の通った関係を築くにはとても大切なことでしょう。いささか理想主義的にすぎる印象を受けるかもしれませんが、もしみんなが時代の要請に合わせてばかりで、誰も理想を唱えなかったとしたら? きっと、とても侘しい、無味乾燥な世界になってしまうはず――。
もちろんカフェについての興味深い記述もたくさんあって、なぜクルミドコーヒーが深く愛されるオンリーワンの存在になっているのかがよくわかると思います(あとがきの長い長い謝辞には、なんだか胸が熱くなりました…)。影山さんとクルミドコーヒーが実現しようとする豊かな社会、その行き先がとても楽しみです。
http://amzn.to/1BZ5a37

以前友人と訪れたカフェの、経営者が書いたらしい本。
経営学はサッパリ分からないので、あんまり理解できなかった。
くるみ食べ放題の裏側がええ話でほっこりした。

行き過ぎたシステム化社会のなかで、人と人とが「利用」し合う関係だけになっていくとしたら。人から奪うことばかり考える消費社会に抗うには、人に贈ること。それが、人と人とが「支援」し合う関係の鍵かもしれない。

「不自由な共生」が前時代、「自由な孤立」が現代だとしたら、わたしたちは「他人と共に自由に生きる」術をわたしたちの手で掴んでいきたい。そのための手がかりとなる一冊。

これは、クルミドコーヒーという小さなカフェを巡る物語。

《時間は味方になり得る》
ー体験が積み重なり、それらが記憶となり、やがて愛着とまでなって、ふくらんでいく。時間とともに育っていく。

老舗のお店、アンティーク、それらは時間を経たからこそ味わい深くなります。
時間を経たとき、少しずつ育った結果はどうなっているのだろう?と妄想すると、ドキドキします。
たとえば、一冊ずつ積み重ねた本たちは、私にどのような影響を与えるのでしょう?
霧に包まれて、杳として解けない謎です。

《なぜ価値観を広げたいの?》
ー他人事ではない、「私」の範囲が広がる。私の周り、それもまた自分の一部だという具合に。

問いへのしっくりくる言葉が、見つかりました。まさしく、見えていない世界は無視しがちだけれど、そこにこそキラッと輝くものが眠っていそうな予感がします。

開高健さんが、悠々として急げって言ってたね。経済大国になっても幸せが何だか実感できない日本の、ひとつの処方箋か?

読者

Cda577f6 55a7 45af 8c90 2ba5a74e1a278fe9c0bf 1fa7 40bd 831f f37f992766deIcon user placeholder6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c94f9f90e8 ffb2 4acb a00c 3fb81bb7bc5cCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921842c4dcba0 6b21 4b75 b6b2 8fc2fe5565150023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c 42人

ビジネス

桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか

桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか

Deb28d02 e0c3 4061 95ec 1b18a196d40a

たつてん!

よろしくお願いします^_^

20181209 この本を一言で言うと、 「デキる人は見えない所で桁外れに準備している」 ということ。 何をしているか? ①資料や本を全て読む ②会う人や会社を事前に徹底的に調べる ③不安を消すため「準備」と「トレーニング」を圧倒的にする なぜ? ①全体像を掴むこと、専門家とも対等に話すため ②情報が多いと不安が少なくなる 自分は仕事がデキる人は、天性のものかと決めつけていましたが、人が見ていない所で桁外れに準備をしているのだとわかりました。 逆に言うと、自分も圧倒的に見えない所で準備(資料や本を読む)すれば良いんだと思い、行動に移しています。

4日前

Cebf7d4d 081a 4ddb 9116 149b2716bfc62702abd2 7390 448c 97f0 e3349a72d5414f77893f a60d 452c b73a 6913489f0fc5
「学力」の経済学

「学力」の経済学

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c

Pinoco

2015/6末

未だに教育、学力については「経験」だけで語られている。 正にそのとおりだ! なんの根拠も裏付けデータもない。それが日本の教育。 この本を読んで、変な経験談や根拠もないことに振り回されないようにしようと思った。 本当に面白い本で影響を受けた。 2016

5日前

23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593Icon user placeholderD069fd5e 2342 4e94 b499 6b5a66e6b30a 86