516porzgghl

コメント

ある日突然めまいに襲われ漢方薬局を訪れた著者の漢方にまつわる実録エッセイ。
先日読んだ同著者の「こんな感じ」の元になったのではないかと思われるエピソードが描かれている。

私も以前漢方薬局に通っていたことがあるが、漢方治療は宗教に似ている。
薬を飲めば治るというものではなく、家庭の事情やら悩みやら価値観なども含めてカウンセリングを重ねつつ生活習慣や食習慣を徐々に改めていくのだ。
正しくあれば間違いないのは分かっている、分かっちゃいるけどやめられない諸々との闘いである。

漢方に興味の方にもない方にもオススメです。

最近、婦人科系の不調が見られたこと。そして、ずーっと気になっていた頭痛。なんとかならないものかなー。西洋医学的な処置ではない方が体には良さそうだなー。
そして、何より読みやすそう!
と思って読みました。少し、食べ物や日々の過ごし方を変えてみようと思えた一冊でした。

「体によいことをするより、体によくないことをしないほうがいい。」

体にいいといわれていることでも
やり過ぎず、摂り過ぎず
むしろ体によくない習慣に気づき改善していこう

これから訪れる老後の不調を、ちょっとでも緩和できるように
いいこと教えていただきました

ちょうど身体の変化に合わせて暮らし方の見直しを考えていたので、この本に巡り会えて良かった。
数々の体調不良の兆しから漢方医を訪ね、衣食住(特に食)を見直していく著者の生活の記録は5年以上に及び、すぐに飽きがくる私に喝を入れてくれる。
人間の身体と心は日々の積み重ねによって作られるのだ、安易に時を流してはいけない、という当たり前のことを忘れないようにしなければ。

読者

Icon user placeholderB6c630a3 1e6b 40b2 9330 1c4239fdd89b24a40ddd fe3b 4a69 84ad 011f9f2c283c3221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eB083d82d ced2 4f90 9964 d87eeecae7ff978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c21f7b34d9 4fd3 472b afbb 2e9e411dc2faA550b508 e13f 4cc3 9a13 98c67fd7087b 24人

群ようこの本

ネコと昼寝 れんげ荘物語

ネコと昼寝 れんげ荘物語

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a

まる

発芽マニア? 旅と文庫本と熱帯…

勤めていた会社を自ら辞め、月10万円という予算で貯金を切り崩しながら日々を生活するキョウコのれんげ荘物語、第3弾。第2弾の「働かないの」というタイトルに惹かれ読み始め、第1弾、第3弾と変則的に読み進めてきた。今回はわりと過去にこだわり、読んでるほうもちょっと暗い気持ちになったり。でもお金があろうとなかろうと、自由であろうとなかろうと、人は悩みや不安は尽きないのが当たり前なんだよねえ。大きな岐路に立ちそうな予感を感じつつ、つぎの展開を楽しみに待とう。

27日前

Icon user placeholder87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d
こんな感じ

こんな感じ

87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d

おひさま

活字中毒の書店員

更年期の独身女性3人の何気ない日常を描いた作品。 小説というよりはエッセイに近い。 3人の会話は久しぶりに会った友達との会話そのままようで深くうなづきながら読んだ。老いに向かう日常とはまさに「こんな感じ」なのかもしれない。 不安を感じる同年代の人にそっと寄り添うような物語。おススメです。

7か月前