51cpxcwyvql

デビュー作で中原中也賞を受賞。萩原朔太郎賞を史上最年少受賞。詩人・三角みづ紀、待望の第7詩集。詩人と旅と生活。 続き

コメント

目につくものが詩になる。日常こそが詩だと感じる丁寧な言葉たち。詩が好きになったきっかけの本です。字のない表紙は目につくところに飾りたい。

2018年30冊目。一冊の本の中で、チューリップが咲いて、枯れて、別の花に移っていく。詩集って、どこかメルヘンで別世界のような雰囲気があるけれど、ここに載ってるのは私もよく知っている、あたりまえの日常。遠いはずのものを身近に感じられる詩集でした。/ 201802

読者

D04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef31F8f5d940 370c 447f b7f8 4d2f70c5af964daeef9d 483a 4baf be73 c9876e4019b09911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200Icon user placeholder77404981 fc50 4a53 a1a2 da9d0bba474637d9a43a b283 4d08 a4bc d01832032744 7人

三角みづ紀の本

骨、家へかえる

骨、家へかえる

931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434a

スエヒロケイスケ

劇作家らしき仕事してるが物書きら…

再読。詩心にはスリップストリームだとかマジックリアリズムだとかは、どうでもよく自由だった最初から。不自由なのは書き手の心。いびつな面白さ。

2年前