9784794970954

発行元から

女は「わかる! 」、男は「マジで?」
「すれ違い」の背景がわかる、衝撃のレポート

恋バナ収集というちょっと変わった活動を行うユニット「桃山商事」の代表を務める著者が、これまで1200人以上の女性たちの失恋話や恋愛相談に耳を傾けるなかで気づいた、失望される男性に共通する傾向や問題点とは? 女性たちの生の声を聞いてみると、男女でこんなにも違う景色が見えているのか、ということが浮かび上がってくる。ジェンダー観のアップデートが求められる現代を生きる、すべての人たちに贈る、より良い関係を築くための「心の身だしなみ」読本。

===================
ここに書いてあること、オレに関係ねぇ〜もん、って男に会ってみたい。
その自己認識のなさもとっても「男らしい」ーっ!
上野千鶴子氏推薦!
===================

35億、総懺悔!?

◎食べたいものを聞いても「なんでもいい」という彼氏
◎タオルやTシャツの置き場所を覚えない夫
◎「ありがとう」と「ごめんなさい」を言わない上司
◎備品を元に戻さない職場の男性たち
◎3年で起業すると言ってずっと会社にいる男友達
◎体調が悪くなっても病院に行きたがらない父親 etc...

本書の内容に知人女性の99%が同意しています(著者調べ)

目次

はじめに
PART1 モヤモヤさせていること
 その1 小さな面倒を押し付けてくる男たち
 その2 何かと恋愛的な文脈で受け取る男たち
 その3 決断を先延ばしにする男たち
 その4 人の話を聞かない男たち
 教えて、先生! テーマ「セクハラ」金子雅臣先生
PART2 軽く引かれていること
 その5 謝らない男たち
 その6 女性の身体について無理解な男たち
 その7 仕事とプライベートで別人のようになってしまう男たち
 その8 プライドに囚われる男たち
 教えて、先生! テーマ「性教育」村瀬幸浩先生
PART3 迷惑だと思われていること
 その9 イキるくせに行動が伴わない男たち
 その10 男同士になるとキャラが変わる男たち
 その11 すぐに不機嫌になる男たち
 その12 何ごとも適当で大雑把な男たち
 教えて、先生! テーマ「ホモソーシャル」前川直哉先生
PART4 悲しい気持ちにさせていること
 その13 付き合い始めると油断する男たち
 その14 「ほうれんそう」が遅すぎる男たち
 その15 上下関係に従順すぎるたち
 その16 話し合いができない男たち
 教えて、先生! テーマ「DV」中村正先生
PART5 理解できないと思われていること
 その17 お金のつかい方が意味不明な男たち
 その18 身体のことを考えていない男たち
 その19 保守的で変化を嫌う男たち
 その20 シングルタスクな男たち
 教えて、先生! テーマ「ハゲ問題」須長史生先生
おわりに

人文

男尊女子

男尊女子

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

酒井さんのネーミングはとても的を得ていると感じた。母親からの娘への呪いも含め女が女自身を下に見ているが故の「男尊女子」男性の意識の問題よりも深いかも知れない。

約20時間前

センスをみがく文章上達事典 新装版

センスをみがく文章上達事典 新装版

F51e8a3c db1f 4b15 ad1f b2f3f60e21d4

かすみ

アガサ・クリスティがすき。

文章のテクニックが例と共に紹介されていてわかりやすかった。小説を読むときは意識したことが無かったが、書き手は色々と技術を駆使して読み手に読ませているのだと痛感した。紹介されている中でも夏目漱石は文章のお洒落さや好きな雰囲気の文章だったので一通り呼んでみようとおもう。

約22時間前

C1243901 d6eb 4606 9351 ea9d9d21c2c491e4ea0d da72 4a44 bb52 0c035f3ac80e9e299f8b b8ac 49f8 ab08 db3f3c547464
本屋、はじめました 増補版

本屋、はじめました 増補版

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋から転職 書店員見習い中

本屋をはじめたい人の背中を押してくれる素敵な一冊でした 開業までの前史として、辻山さんが勤めていたリブロでの日々が描かれています 池袋本店でのフェアやイベント、お店の終わらせ方など 「どんな姿勢で挑むのか」 大きな書店での働き方について、たくさんの気づきがありました 後半からは、出店するまでの実務的な情報が想像以上の丁寧さで綴られています 最終ページには事業計画書や営業成績表も掲載されており、数字を見るとかなり具体的にイメージできます もし自分のお店ならこうしたいな…とつい想像してしまいました 黙って売っているだけでは売れない時代 自分の経験を文章で残し、活かしてほしいという想いからこの本は生まれています 「はじめに」で、何かを始めようと思っている人へ、とありました 本屋をはじめたい人はもちろん 今、何か一歩踏み出したい人にもぜひ読んでほしい一冊です

約23時間前