51v549m18yl

コメント

今邑彩さん大好きですが、その中でも一番。出会ったのは何年も前ですが、何度読んでも引き込まれます。短編集なので読みやすい。中でもタイトルのよもつひらさかが特におすすめ。

その他のコメント

タイトルの「よもつひらさか」古事記だそうです。知らないけど、黄泉比良坂と書くそうです。
面白かった。

読者

14c0edd3 6e44 4de9 819d d6953398359322f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c57978349c0ee70 38c3 41be a15a bcf2aa76a724D3361b5b 0197 4cd1 b311 ad98a2e07abf5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc27225a567 edb7 4fa9 92d0 7b10908e48885c74e92a e061 464d 8727 474760c2e12bDe457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b0 18人

今邑彩の本

鬼

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

ホラー寄りのミステリーだけど、もっとホラー寄りの方が好みです。作品としては、古いものです。でも、この世界感が私は好きなので、ホラーよりの短編集「よもつひらかさ」を読んでみようと思っています。

2か月前

少女Aの殺人

少女Aの殺人

Bdc32ff1 da6a 4aa4 9205 c9b3eccd05c8

「T」

本、大好きです

まさか少女Aの正体が!? そういうことか!みたいな感じになりました。

2年前

5c74e92a e061 464d 8727 474760c2e12bCe3ec283 9daa 48f6 b599 3235030bf6e2
七人の中にいる

七人の中にいる

11a914d5 eaaf 4a91 a799 f4e40d8348ce

あきもとようじ

横浜のITで働く27歳

最初から謎かけスタートで、二転三転するドラマチックな内容。細かいところは置いておいて、疾走感はいい。手数の多さで楽しめるという感じでしょうか。

2年前