51rzwdh%2b5nl

コメント

作者の3作目の本。前作からファンタジー路線になったのでしょうか?
一人の悩みが解決しただけでは周囲は何も変わらないというお話。

俺達は、大人が思うよりもずっと残酷な気持ちをもって生きている──という主人公のモノローグにもあるように、「学校」という狭い世界には「暗黙のルール」があって、それを侵す者には制裁が与えられる、そんな残酷な世界なんだってこの作品を読んで思い出した。その「暗黙のルール」を破った矢野さんは、クラスメイトたちからいじめを受けるんだけど、私は主人公と同じく「彼女はいじめられる理由がある」と思ってしまった。もちろんいじめは悪いことで、「理由」があるからといっていじめて良いということにはならないけれど。
でも、だからと言って「いじめをやめよう!」なんて言えるのかな?自分が存在する場所の危険を冒してまでそんなこと、言える?

中学生らしい無邪気さが残酷で怖かった。
一歩間違えれば『いじめられる側』となる。その恐怖に怯える井口さんの気持ちはよくわかった。
でも、罪悪感で本人の望まない仕返しをするのはちょっとなぁ…
中川さんと元口と、工藤は本当にどこにでもいる中学生。
ちょっといきがってるけど、弱い。
工藤さんは、主人公の安達が好きだけど(そう感じた)『ずれた側』となったら手の平を返す。
今どきの中学生らしい描写が多く、共感しやすかった。

笠井に関しては、クラスの中心、逆らえばクラスのはぐれものとなる。
そんな感じがした。
安達がいじれば、時々不機嫌になる。
これは、気分屋なのだろう。
自分よりも弱いものに弄られるのは気に食わない。
上手いことクラスを操り、高みの見物系のヤツでこいつが一番気に食わなかった。

ある日突然、夜に化け物に変身するようになった男の子。ある晩、学校に化け物の姿で忘れ物を取りにいったら、いじめを受けているクラスメイトに見つかってしまう。
化け物に変身してしまうという奇異な点はあるけれど、中学生のクラス内のいじめの日常が描かれた本でした。
久々に、自分の中学時代を思い出しました。私も中学生の頃はこれが日常で、大きい小さいはあれど、きっとあの年代には誰にでも起こりうることだったのだと、今更ながら思いました。
だからと言って、加害者側に許されることなんて何1つないけれど。
きっと、これを読んだからって、この世からいじめがなくなるわけでもないし、被害者加害者共に救われるわけでもないんだと思います。でも、どんな考えをする自分も受け入れていかないと、この先しんどいよ、と教えてくれた気がします。

中学生は いちばん微妙な年齢で イジメも 自分はやりたくないけど みんなと足踏みそろえないと 標的が自分になってしまうから みんなと同じようにしてしまう
夜だけ化け物になってしまう あっちーも クラスの嫌われ者の矢野さんに バレてから 夜だけの友達になって 友達になればなるほど 昼間の自分と夜の自分の違いに悩み始める
ほんのちょっとの勇気で ほんとの自分でいられる、正しい自分でいられるんだけど 狭い世界の中で イジメに耐えるのは なかなか大変なことだと思う

4/6読了。途中表紙と裏表紙をみて鳥肌がたった。化物の姿では矢野さんと向き合えるのに、本当の姿では、頭は気にしつつも身体は他を向けている。どのキャラクターにも重なるところがある。主人公に救われました。

学校でのイジメ。異質なものは排除される空間。
矢野さんは極端なところはあれど一番純粋なのでは。

読者

32bb3f83 409d 455f 9519 cd67a2bb78af7f24268e 1fd5 409c 974f 42e451e887ed10be94a8 f86d 401d 8bca 83a5e1a3e43fD1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558c62481a09 fde0 45e3 806c d99a8648598637e4dd88 bdfb 48ea ab2c 08d9513175a447dc46b0 c76f 4dd4 8885 3159037df71b0af01243 6ce9 4aed bdcf 9812ff2b8d39 181人

住野よるの本

また、同じ夢を見ていた

また、同じ夢を見ていた

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

『きみすい』作者の第2作。 大ヒット作の次は書きにくそうなものだけど、 しっかり良い話を書いてきた。 小学生の女の子が主人公。 児童文学のレーベルに入ってても違和感なさそう。 幸せは歩いてこない、だから歩いていく。 このフレーズに作品のテーマが凝縮されてた。 ネコがとにかくかわいい。 ナーナー。

11日前

Ddb6ad40 1769 42f6 aa5e dec617cd3d951d7554d0 6037 403f aa09 3e83a132e72932bb3f83 409d 455f 9519 cd67a2bb78af 144
麦本三歩の好きなもの

麦本三歩の好きなもの

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

特別ポリシーとかはないんだけど、自分の好きなルールで毎日を送っている不思議ちゃんの話。 自分が受け止められないようなことも、しっかり受け止めて、ちゃんと流していけるそこが素晴らしい三歩ちゃん。 住野先生は、こんな女の子本当は好きじゃないのかな? どうだろ? 私も好きじゃないからなぁ。 (一般的にこういう子に嫌いって言うと非難を受ける)まぁ。チョット羨ましいのかな?

2か月前

726feabe f74a 4ba5 ba4e 571ef37c1012Icon user placeholderIcon user placeholder 56
青くて痛くて脆い

青くて痛くて脆い

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

住野よる氏の5作目。大まかにまとめてしまうと 無力なまま理想を追い求めるより、現実に妥協してある程度の成果を得る。これを否定できるか? 与えられたものを取り上げられたからといって、傷ついたと思うのは間違っている。 傷つけられたから、傷つけ返すのも間違いだ。 というところでしょうか。今作は私にはあまり響くところがありませんでした。 序盤にあった、唯一無二のリーダーを永遠に失ったという表現は、終盤になると「?」のような気がします。

8か月前

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b32bb3f83 409d 455f 9519 cd67a2bb78af10be94a8 f86d 401d 8bca 83a5e1a3e43f 191
君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

94957c63 3a2e 43c2 8c1c ea56fbd9d787

Ri

31歳。週2冊

序盤からタイトルの意味を説明してくれるが、その後の物語がさらに意味を深めてくれる。原作を読んでから映画を観ると、文書と映像の表現方法の違いを思い知らされる。 P56「言葉は往々にして、発信した方ではなく、受信した方の感受性に意味の全てがゆだねられている。」

約1年前

Bf3dec70 ca43 4c6b 9ea5 06be2abfeeb82d0774c8 b7bf 4efa 97cc fb50581f0b19387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4f 250