61u5 mpqkql

同じ商店街で幼なじみとして育ったみひろと、圭祐、裕太の兄弟。圭祐と同棲しているみひろは、長い間セックスがないことに悩み、そんな自分に嫌悪感を抱いていた。み... 続き

コメント

生々しい感情にスポットを当てている本です。共感できる部分もできない部分もひっくるめて、私は面白かったです。

その他のコメント

節操のかけらもない。
性衝動を抑えようともしていないように感じる。
間接的な近親相姦かな?
エロ小説としてはまぁまあかな。

思っているけれどうまく言葉に出来ない事を窪さんはいとも簡単に言葉にして紡ぎだしてくれる。
正直なお話で後味は悪くなかった。

読者

42d19b64 15d7 43d8 9e63 49edecfd6673E1bcb276 3ad6 4c8c 87fa 8e8b0e77dd5aCf090353 291e 403a b3a4 33d5e9a7c2b1C679b118 7132 4af8 91da 063ee59d46213cafdaae 290f 48b1 ad37 22f93feee9f84c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b53c54a823 0492 4b6f a0b2 8583d7d96333Icon user placeholder 76人

窪美澄の本

さよなら、ニルヴァーナ

さよなら、ニルヴァーナ

E0653cbb dde2 4174 9b68 a3e17d6fe915

ワンダフル

本屋さんと高校野球が好きです。

窪さんの本は今まで何点か読んでいて、新刊を書店で見かけて、しかも最初のページに『書店員』の文字を見つけて、これは!と思って買いました。 内容は、、今まで読んだことのある窪さんの小説とは違ったとだけお伝えします。

7か月前

C2d6999d 627d 40ac b68a 80aae8485e75Icon user placeholderIcon user placeholder 24
じっと手を見る

じっと手を見る

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

淡々とした日常の中の不安と孤独感。よるべのない人たちの話。自分の居場所を探す話。「よるのふくらみ」が好きな方はたぶんこの話も好きなんじゃなかろうか。

8か月前

E1bcb276 3ad6 4c8c 87fa 8e8b0e77dd5aC679b118 7132 4af8 91da 063ee59d4621Ec679746 fc9c 4986 84d1 d548053f0ab4 36