51squsnlhxl

毎日をつつがなく送るには、何も考えずにルーティンを続けて行くことも必要。でも、ときにははた、と立ち止まり改めて〝考えて〟みる。「あたりまえに思っているけれ... 続き

コメント

先日、川上未映子さんの「りぼんにお願い」を読みました。

この本は、雑誌、「Hanako WEST」や「Hanako」で連載されていた、川上未映子さんのエッセイをまとめたもので、「同世代や、ちょっと年下の女の子たちと、おしゃべりするような気持ちで書いた」と、「あとがき」で川上未映子さん自身が書いてるように、気軽に読める感じなんだけど、でも、ときに真理をつくような言葉もあったりする(ちょっと大げさな言い方かな?)、そんなエッセイでした。

すこーんと突き抜ける女らしさと、突き抜けられない日々の致し方なさ。すばらしく可愛い装丁は、れもんらいふの千原さん。

かわいらしい本
少しふわふわしていてでも芯があってもっと読みたくなった

装丁とタイトルがまずかわいい。ちょっと大人な女子にまつわるあれこれ。

読者

E1eccc89 dd0e 4978 852a 4dbc9dddd9c8C1f74dc2 819d 4147 9338 a515b17724d335b888f7 1e65 4982 ba27 1839a5ebe438Ac175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1e182d3e6d a64a 4126 8f16 670bbdfab2d8265efb61 0af4 43e3 8a24 453b53c824a0 6人

川上未映子の本

酒呑みに与ふる書

酒呑みに与ふる書

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/04/06 読了 〜あるいは酒でいっぱいの海〜 松尾芭蕉から夏目漱石。江戸川乱歩に折口信夫。角田光代や村上春樹。内田樹と鷲田清一も。 酒の肴にちょうどいい。ちびちびやりながら楽しく読みました。日本酒の話がもっとあったらもっと良かったのになぁ。 装丁が素敵ですね。 〜すべての酒呑みに捧ぐ〜

3か月前

9ac9871f 33f3 4bb3 b203 9133cb38cc652d3893ff 7bc4 4c12 af6d 249f655eb6daIcon user placeholder 25
ラヴレターズ

ラヴレターズ

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

西川美和さんの恋文にジンときて、壇蜜さんにはゾクッとさせられ、松尾スズキさんに、ほほうとなった。俵万智さんも素敵。

3か月前

6ff03753 6671 4827 90eb 1c2c21195639F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b
きみは赤ちゃん

きみは赤ちゃん

E8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d1161547718

ぬっぴー

印刷会社で燻っている30歳(つい…

妊娠5ヶ月で読んだ。 身体の変化の描写が可笑しくてゲラゲラと笑ったり、数々の痛みや圧倒的な限界感が苦しかったり。でも最後には、出産・育児に前向きになれる、乗り越えたいって思わせる輝きで溢れたエッセイ。 「たのしいこと、いっぱいあるよ!」 しんどくなった時に寄り添ってくれる存在を見つけられて良かった。 2018.12

6か月前

68c6225a 9e79 41b5 a470 020dd32fb9eaF1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e5191992f75 1d03 44ad b6bc a710a7baf9db 42
マリーの愛の証明

マリーの愛の証明

E8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d1161547718

ぬっぴー

印刷会社で燻っている30歳(つい…

“少女たちは歩みつづけた。 自分にしかわからない話をしながら、 それでも誰かとわかりあえることを夢見ながら。” 生きるってそういうことな気がした。 わかったり、わからなかったりしながらただ進むこと。大人になっても減らないわからないことの多さに、滅入りながら。 2018.9

9か月前

Cbf5359e 4a74 476c 92ff 8fd73b3a9988Icon user placeholder