41fbqejqfdl

読んできた本を語ることは、自分の内面をさらけ出すことだった! 宝塚とK-POPを愛する漫画家が軽い気持ちで描き始めた読書遍歴は、予期せぬ展開に。父に禁じら... 続き

コメント

私の読書狂時代
檸檬さんとは山田詠美時代が重なっていたようで、まるで自分の事のように読めました
エイミーの解説に思わずもらい泣き笑

あの頃、授業中にこっそり読んだ多くの本が私を形作っているのだなー

その他のコメント

2018年112冊目。エイミーさんの解説にはげしく頷いてしまった。わたしも小さい頃、はるなちゃんに会ってる!!とおもう。 / 20180903

漫画なので、すぐに読める。はるなさんとそんなに世代が変わらないので、懐かしい気持ちになった。山田詠美さんの「蝶々の纏足・風葬の教室」を久しぶりに読み直そう。

読者

Bb0b5db3 204b 486f a93b 668539339fe3Ab154809 7529 4254 a9eb 85a561f095b7Icon user placeholder978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c224451e42 f4c3 480b 9f4e 521efd81bf1cE13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e177404981 fc50 4a53 a1a2 da9d0bba4746Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09 9人

はるな檸檬の本

タカラヅカ・ハンドブック

タカラヅカ・ハンドブック

E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1

ひろむ

月に6冊以上、年間75冊読破が今…

2018/2/1読了 宝塚には今まで何故か一度も観に行く機会がなくて、すごく興味はあるのにハマるきっかけがないので、ハマった側の人がどういう感じになるのかと読んでみた。薄いのですぐ読めます。はるな檸檬さんの本も読みたくなった。

8か月前

れもん、うむもん! ――そして、ママになる――

れもん、うむもん! ――そして、ママになる――

40692f14 db90 4722 b123 baec2b638402

えこ

工学系院生

ROLAの連載でずっと読んでいた作品。産後鬱とかマタニティーブルーとかよく聞くけど、幸せだと思われている人たちも心身共に本当に大変なんだなって伝わった。暗くもなく、変な幸せオーラもなく、淡々と可愛い絵で正直に描かれてる。

2年前