51rn9d0nqol

父の訃報を受けて故郷に帰った作家は、緊張と不安に満ちていた少年時代を回想する。ジェフリー・ユージェニデス、ゼイディー・スミス絶賛。ノルウェーの成人九人に一... 続き

コメント

小さな子供の頃から、ずっと見てきた父。父と息子の間に特有の距離感、物言わぬ理解などがみずみずしく描かれている。今日はクナウスゴール氏の講演会。表紙に違わぬイケメンぶりです♪

読者

9d0a2bfb cee4 4a56 8ee0 8d30ae78cfa2C650edbe f538 4d2e b1a2 5a08d1af82f4

文芸

ウォッチメイカー〈上〉

ウォッチメイカー〈上〉

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

名作を探そうとすると、必ず名前が挙がる作品。普段はあまり翻訳物を読まないのですが、流石に読まなきゃ!と思い購入。なるほど、犯人がわかってて、分析を駆使して追いかけるストーリーです。面白い。後半に続く!

約12時間前

Icon user placeholderIcon user placeholderF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113
この嘘がばれないうちに

この嘘がばれないうちに

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

シリーズ二作目。複雑な(笑)条件をクリアして初めて、望んだ時間にタイムスリップできる喫茶店のお話。 一度だけ大切な人に再会出来るなら、あなたは何を伝えますか? 制約が厳しすぎるので、似たような話になりがちなのだけど、今回は「嘘」をテーマに様々な別離の姿を描いていく。 大切な人の死。でもその人は決してあなたの不幸で、あり続ける事を望んでいない。残されたものが幸福になってこそ、初めて死者も救われる。 全編を通じて解き明かされていく数ちゃんの秘密が切ない。間接的にしか数ちゃんの話を書かないのはもどかしいけど上手いなと思った。今回も手堅いウェルメイドな出来栄えでした。

約14時間前

84083a5a 1350 45bf bb71 e8bfe1970860E9c2cede c000 474b befd 18b8eb96ab24763975fe 96d4 4bf4 b507 10749544f460 106
オリーブ―Girls & Boys

オリーブ―Girls & Boys

359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74

暇人

本の感想を書く場を求めて

恋の病、という表現がありますよね。 本人の意思に関わらず突然陥り、治すすべもなく、熱が冷めるまでは苦しむしか無い。そんな所が確かに病気っぽいようです。 そんな病に冒された4人の男女が、取り繕った分別をなくして四苦八苦する。その様を俯瞰してにやにやしながら読めるのが、この作品です。 恋は病なので、相手だって選びません。理性では分かっていても、やめられない止まらない。 はたから見れば愚かにすら見える事も、本人達には真面目な事。恋って変。

1日前