51rn9d0nqol

父の訃報を受けて故郷に帰った作家は、緊張と不安に満ちていた少年時代を回想する。ジェフリー・ユージェニデス、ゼイディー・スミス絶賛。ノルウェーの成人九人に一... 続き

コメント

小さな子供の頃から、ずっと見てきた父。父と息子の間に特有の距離感、物言わぬ理解などがみずみずしく描かれている。今日はクナウスゴール氏の講演会。表紙に違わぬイケメンぶりです♪

読者

9d0a2bfb cee4 4a56 8ee0 8d30ae78cfa2C650edbe f538 4d2e b1a2 5a08d1af82f4

文芸

ジヴェルニーの食卓

ジヴェルニーの食卓

4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2

snowparade

漫画多めです。小説も読みます

印象派の画家4人を題材にした作品です。 「うつくしい墓」では晩年のマティスのもとで働いた女性を、「エトワール」ではドガと14歳の少女との関係性を、「タンギー爺さん」ではセザンヌと画材商のことを、「ジヴェルニーの食卓」では晩年のモネとその娘のことを題材にしています。 全て女性の目線から語られていて、全体的に優しい雰囲気の作品になっていました。しかし、題材は印象派の画家たちなので、内容は「波乱万丈」がピッタリなんじゃないかなと思えるものでした。 私は特に「ジヴェルニーの食卓」が好きで、モネが睡蓮の連作に悩む姿や、家族を大事にする姿勢、また太陽の下で伸び伸びと絵を描くこと…その全てが魅力的でした。多分、モネの絵がもともと好きだったというのも1つの要因ではあると思いますが。 美術史に疎い私には、どこまでが史実でどこからが想像かは曖昧なのですが、さすが本物のキュレーターさんですね…美術への愛が深いということは感じ取れました。印象派の画家たちの絵を、ここまで言葉巧みに表現できる作家さんはなかなかいらっしゃらないと思います。 楽園のカンヴァスとふせて、美術に気軽に触れられる作品になっていると思います。 美術史に興味がない方にも、是非読んでほしいです。

約2時間前

Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e92fc76081 5b5a 4255 b939 5f6c0e7d160c50592606 6c0f 453d 89f7 e97110e4d3be 23
九月の恋と出会うまで

九月の恋と出会うまで

97259210 cf10 4020 aad4 db953acfb79f

yuka

看護師2年目

壁から未来の人の声が聞こえる。先の読めない不思議な物語の始まりだったけど、とても感動する恋愛小説でした。先が気になって気になって本から離れられず、、読み終わった瞬間にとても幸せな気持ちになりました。

1日前

Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b479440dde8d2 f407 43cb 928a 6490b4871f770baf0b90 877b 45d0 a026 38e29c59536a 12
地下鉄道

地下鉄道

Icon user placeholder

Maki Miyakawa

何度も挫折しかけて1ヶ月、後半安心しかけたらまた…揺さぶられた。黒人奴隷といえば大昔「ルーツ」で衝撃受けたのは忘れられないけど、それ以来の、さらに創作、小説の力を突きつけられた読書体験

1日前

A432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd15d0723ed 579b 4b5f 9f48 3ff778db1854Af23a43c de7a 4b77 a911 0b5446efba2f 10