51rn9d0nqol

父の訃報を受けて故郷に帰った作家は、緊張と不安に満ちていた少年時代を回想する。ジェフリー・ユージェニデス、ゼイディー・スミス絶賛。ノルウェーの成人九人に一... 続き

コメント

小さな子供の頃から、ずっと見てきた父。父と息子の間に特有の距離感、物言わぬ理解などがみずみずしく描かれている。今日はクナウスゴール氏の講演会。表紙に違わぬイケメンぶりです♪

読者

9d0a2bfb cee4 4a56 8ee0 8d30ae78cfa2C650edbe f538 4d2e b1a2 5a08d1af82f4

文芸

ヨーゼフ・メンゲレの逃亡

ヨーゼフ・メンゲレの逃亡

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

アウシュビッツの医者でガス室送りの選別をし、囚人達を生体実験でいわば拷問して殺したナチスの医者ヨーゼフ・メンゲレ。敗戦と共に親ナチスだったペロンのアルゼンチンに逃亡した彼がブラジルの海岸で心臓発作で亡くなるまで、をあくまで小説として描いた作品。同じ南米に逃げた戦犯でもイスラエルに拉致され処刑されたアイヒマンと違って最後まで逃げおおせた逃亡生活が追う者達の立場も押さえながらリアルに描かれていてさながらノンフィクションのようでもある。道を踏み外した医者の生家が今では消滅してしまったものの世界的な農機具メーカーであり比較的潤沢な資金援助が得られたこと、また追う側の中心であったイスラエルも中東戦争などより優先度が高い事案が生じたことなどもありあと一歩まで迫られながらも逃げおおせた逃亡生活は追手に怯えながらの惨めなものであったと描かれているのだけども果たしてそのようないわば同情的な筆致が必要だったのか、ベートーベンを口ずさみながら人の生き死にを決めていたという純然たる悪に対してはもっと過酷な運命があっても良かったのでは、などなど考えさせられる作品でした。読み物としてはかなり面白かった。

約2時間前

ウズタマ

ウズタマ

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

自分の母親を殺した罪で服役している男、微かに残るその男とのあたたかな日々、父親から渡された預金通帳を見て、その男からのものと直感でわかったとして、自分だったら会いたいと思うだろうか。 ウズタマがちょこんと表紙に収まっている。温まる小説。

約6時間前

努力しないで作家になる方法

努力しないで作家になる方法

4d2e5b6f 0ce0 491b ba75 83f7e748d8e0

タオ

本は人生の道標

内容は、タイトルとは違って作家デビューまでの苦労を体験させてくれるような作品だった。 読み始めると、主人公の伊留香総一郎に深く感情移入してしまう。 めちゃ良い本だ!

約20時間前