510eejfqq l

発行元から

ねえ、いつまで残業するつもり? 新時代を告げるお仕事小説、ここに誕生! 絶対に残業しないと心に決めている会社員の結衣。時には批判されることもあるが、彼女にはどうしても残業したくない理由があった。仕事が最優先の元婚約者、風邪をひいても休まない同僚、すぐに辞めると言い出す新人。様々な社員に囲まれて働く結衣の前に、無茶な仕事を振って部下を潰すという噂のブラックな上司が現れて―― 。

朱野帰子の本

わたし、定時で帰ります。

わたし、定時で帰ります。

3541e3c1 5be5 4209 a6da 469862481d50

diablona235

本読み初心者 http://c…

後から本屋に並んでいるこの本に帯にドラマ化の文字が。 ドラマ化するくらいわかりやすくスラスラ読めてしまった 主人公の考え方を他の人に納得させるのは少し強引さと、無理矢理な感じを受けた 重くなくサクッと読めます

7か月前

2fd04342 2a36 4a8e b9e3 69371ebdedf7562ef21c 005c 455a 8bf4 e7c78c7e4dbcB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5 9
会社を綴る人

会社を綴る人

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

できない君が唯一誇れる書くということ。『あくまでも自分の中で』と註釈をつけてしまうほど紙屋君(偽名)は気弱だ。 だが彼は、物事の根っこをキチンと抑えられる、強くで優しい人物である。それを、英雄伝ではなく細やかにとても遠慮がちに、人々の心を掴んでいく様子を描いているので、本自体が紙屋君の雰囲気だ。 気弱なブレる事が〈出来ない人〉は、みんなの心の扉を遠慮がちにノックしていきます。 大きな枠の中に居られない人は=役立たずではない。

8か月前

00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f9200c563132 de53 41d1 9cfc c3d51d78b25462f8b43a 27bf 42f9 8e42 d14b2e3b4575 18