510eejfqq l

ねえ、いつまで残業するつもり? 新時代を告げるお仕事小説、ここに誕生! 絶対に残業しないと心に決めている会社員の結衣。時には批判されることもあるが、彼女に... 続き

コメント

どんなに仕事が山積みでも就業時間内で自分の仕事は計画通りに片付けて定時に帰るということにこだわる結衣。
それは今は上司となった元婚約者の晃太郎、企業戦士だった父に対する意地でもあった。
新しい婚約者との結婚も決まり、順風満帆に思えた彼女に降って湧いた昇格と長時間残業必至な問題案件。
このままではチームが崩壊してしまう!自らも満身創痍で彼女が立てた作戦とは…。

無茶ぶり案件を悪名高きインパール作戦に見立て、どうしたら同僚や後輩を無理させずに働いてもらえるか、と考える結衣。
そして「為せば成る」の精神論で作戦完遂をうたう晃太郎たち企業戦士の面々。
しかし絶対に残業をしないことが前提で仕事を組み立てる結衣も、仕事量に自分を合わせる晃太郎も、どちらも「決めつけ」をすることで却って自分を追い詰めているような気がする。
インパール作戦という人の尊厳を蹂躙するような失敗を二度としない方法は、そのような無謀な作戦を提案、実行させる無能な人物たちを中枢に据える会社や社会の構造を変えることだと思う。
つまりインパール作戦がそもそも選択肢に挙がらない社会を作ること。
もちろんそれが難しいからこそ今もパワハラなどで斃れる人が絶えず、現代のインパール作戦、東京オリンピックを巡るドタバタが続いているのだが。
会社について、社会について考えさせつつ、ほどよく恋愛の要素も取り入れたバランスのよい小説。
一気読みしました。

その他のコメント

読者

2af949e2 ba82 4727 ac32 bf9af12ccb90Bc8ff94b 0c5a 47fb 82d7 4c7145eb56800a33d080 afd2 4d51 8229 a727cb668ce431e6f918 5815 4f2b 83bb 2b1fb3a8208dFd2ec159 599a 48a9 b2e6 c652d423de7e5b937d7d df0f 4796 a3ae b81b1f85b97bIcon user placeholderIcon user placeholder 33人

朱野帰子の本

わたし、定時で帰ります。

わたし、定時で帰ります。

3541e3c1 5be5 4209 a6da 469862481d50

diablona235

本読み初心者 http://c…

後から本屋に並んでいるこの本に帯にドラマ化の文字が。 ドラマ化するくらいわかりやすくスラスラ読めてしまった 主人公の考え方を他の人に納得させるのは少し強引さと、無理矢理な感じを受けた 重くなくサクッと読めます

7か月前

2fd04342 2a36 4a8e b9e3 69371ebdedf7562ef21c 005c 455a 8bf4 e7c78c7e4dbcB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5 9
会社を綴る人

会社を綴る人

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

できない君が唯一誇れる書くということ。『あくまでも自分の中で』と註釈をつけてしまうほど紙屋君(偽名)は気弱だ。 だが彼は、物事の根っこをキチンと抑えられる、強くで優しい人物である。それを、英雄伝ではなく細やかにとても遠慮がちに、人々の心を掴んでいく様子を描いているので、本自体が紙屋君の雰囲気だ。 気弱なブレる事が〈出来ない人〉は、みんなの心の扉を遠慮がちにノックしていきます。 大きな枠の中に居られない人は=役立たずではない。

8か月前

00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f9200c563132 de53 41d1 9cfc c3d51d78b25462f8b43a 27bf 42f9 8e42 d14b2e3b4575 18