41ak182ta1l

コメント

ここ最近、ツイッターでポリアモリーという単語を耳にして、なんとなく心にひっかかっていたところ、書店にてこの本を見かけたので、買って読んでみました。

ポリアモリーをざっくり説明してしまうと、当事者同士で合意の取れた浮気や不倫、と言ってしまって良いだろう。

ただ、浮気や不倫というのも、言ってしまえば、恋愛という人間関係の中でのルールの一つと言えるわけで、そこで当事者同士の合意が取れれば、複数と関係しても、さほど問題ではないだろう。

実際、ボーボワールとサルトルのような例もあるし、日本においても、あの「芸術は爆発だ」で有名な岡本太郎の母の、岡本かの子もポリアモリー的な人間関係を結んでいたので、昔から数は少ないが無くはない、と言った人間関係の一種だったのだろう。

読者

F4b211ea 0963 4178 92fe b51b494e5186

暮らし

東大生を育てる親は家の中で何をしているのか?

東大生を育てる親は家の中で何をしているのか?

Af143b8d 84ed 418d 9f92 4c760055822f

NOHO

どんな場面でも褒める 子どもの満足度に合わせてほめる 得意なものを伸ばす 家の中で勝負する 負ける経験を十分に積ませ 、同時に負けたくやしさをしっかりと受け止めさせるこ 自立心を育てるために、自分でやれることを自分でやらせる お風呂は自立心を育てる一番良い場所 食事の準備で準備することの大切さを哺う 料理をつくることは 、知識を深め 、関心を広め 、思考力を高めるのにぴったり 本を読む子に育てるには読みたい本を読ませる。 休日のプランを子供に決めさせる テレビや漫画は夢の宝庫。ビジョンがある子が伸びる。 中毒性があるためルールを親が作る 子どもが出した結果に一喜一憂しない 子供の感情をコントロールする。いつまでも引きずらない。 「魔法の言葉 」やアクションが最も必要なのは 、小学校高学年から中学生初期の時期 。 子供を褒めすぎない ここがまだゴールではない 小学生のうちに一人旅をさせる(自分の限界を少し超えられる範囲で) あえて厳しい環境に放り込む 全体の60%を確実に理解させる 子供の短所を理解し、受け入れ、無理に直さない うまくいく家庭は母親主導 ライバルは自分 小学校低学年うちに毎日5分勉強する習慣をつける 本物にふれさせる 目標は自分で決めさせる 自分で選んだことに責任を持つ 小学校低学年から「5分」の集中力をつける 小学校5〜6年までに40〜50分の集中力をつける 簡単な問題をスピーディーに解く 伸びる子ほど休みが必要 勉強以外の事で夢中になった経験が勉強に生かされる 家族の目の届く場所で勉強させる 勉強中に時計をみせない 反論するのは子どもが成長した証 仕方ないことでは叱られない 。 でも 、努力しなかったら叱られる 。 人間としての土台がしっかりしている子は必ず伸びる 10分の隙間時間を大切にする 家の中に勉強する仕掛けを作る

1日前

Ecc168a7 b444 49b7 a75e 9e4b6ae3f9fd6603f993 76fc 4a32 b727 770c596558d1F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113
男と女のワイン術

男と女のワイン術

Bf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97

nebe

本好き

「白はマコン、赤はボルドーのメルロー」作戦! 自分好みのワインの基準・基点を探す、ひとつの方法が示されている。 うまく伝わらない、伝えられないこともあるが、そのやり取りもワイン選びの楽しさ。 なるほど!

3日前

F1dab0ea 712f 48df 8b67 a669ab6f536589091bc0 f74a 4635 9ef8 52c8446ba013
恋が生まれるご飯のために

恋が生まれるご飯のために

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

為になるかは別として、純粋に面白い。今まであまり考えた事はなかったけど、確かにデートとご飯って切り離せない。私は、3回ぐらい食事に行った男性に「(料理は)何が作れるの?」って聞かれてカチンときた事があります。

4日前

Cae080f4 0cd6 4474 8f44 c18c76bce3bdFb6d0db5 86e7 4310 9443 85e613d3a81699354e61 4d30 4c31 a1b8 7e53f20a42ad