31ruevj6q9l

老いの兆しは、悲しいはずなのに、嬉々として話してしまうのはなぜだろう?減らない体重も、ひどくなる二日酔いも、乾燥する肌も…それは、劣った自分ではなく、新し... 続き

コメント

加齢による変化をゆっくりと受け入れていく

「「読書体力」は十代の半ばから二十代の半ばくらいまでがピークだと思う」という著者の言葉に思わずヒザを打った。「幼児期に読書能力を培った人は理解や共感、ましてや教養のためだとかで読むのではなく、有り余る読書体力を消費するためにがしがし読むのである」。スポーツと同じであると。その頃の自分を思い起こすとまさにその通りだと思う。だからその体力が落ちる中年になってから、子どもの頃本をあまり読まなかった人が本を開いてもなかなか読むのが難しいのではないかと書いてある。そうかも知れない。ちなみに著者曰く「漫画体力」というものもあるらしいです。私の場合、これはとっくの昔に枯渇している。

読者

Icon user placeholder4daeef9d 483a 4baf be73 c9876e4019b0Icon user placeholder4b867096 9eac 4abe 9861 53af2907d6c5A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304aE8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3c4f0ea177 743f 4ed5 8718 2763ce43fdae 7人

角田光代の本

対岸の彼女

対岸の彼女

417d400b 6de5 445e b47c 5122f205665f

まいむ

大学4年 理系

歳を重ねるごとに人と関わることを億劫に思う気持ち、とても良くわかります。過去に傷ついた経験が大なり小なりそれぞれあって、足枷になって、臆病になってしまう。そして、そんな世間の理想像とかけ離れた自分の姿に嫌悪感を抱いて、自分の殻に閉じこもってしまう。悪循環。そこから抜け出すためには、対岸の向こう側にいるような正反対のだれかに出会い、向き合い、繋がることが必要なのでは。 いや、例え意味の無いことだったとしても。 「また出会うために、前に進もう」

7か月前

Dae3efb3 9757 405d af65 5c0ce498b4042c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f 18
三月の招待状

三月の招待状

1167ff52 1883 453a b364 cae2b2a4a5f8

persimmon1a

専ら室内生息し、ネットか惰眠を貪…

自分の学生時代にはそういうのがなかったからと言われればそれまでかもしれないが、大学時代から15年もたって、それぞれの生活もあるはずなのに、未だに会ってガブ飲みして、学生ノリそのままに非生産的な話をしてる登場人物たちに、誰一人として共感できなかった。

7か月前

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241Picture