51db8oosqdl

ハロウィーンと家族がテーマの絵童話でありながら、日本が輸入したハロウィーン文化の本場、アメリカでのハロウィーンの楽しまれ方が描かれた科学の本としても楽しむ... 続き

コメント

ハロウィンが好き!それにも優ってこの絵が好き!この絵を描いたのは誰

内容も知らなかったハロウィンの知識や文化を知ることができる

その他のコメント

アイスクリームが冷たいのと同じぐらい当たり前のこと。
当たり前と思っていた冷たいアイスクリームが溶けてしまうこと。

オザケンさんジョークも交えながら、アメリカでのハロウィーンに触れながら、家族の愛、子供の頃の純粋な気持ちを思い出させてくれる。

私にもそんな時があったかな?
高校生になるよりもっと前、小2ぐらいで、アイスクリームが溶けてしまっていた気がする。。。

先日、小沢健二さんと日米恐怖学会の「アイスクリームが溶けてしまう前に(家族のハロウィーンのための連作)」を読みました。

ハロウィンに関する絵本なんですが、ハロウィンのことを描きつつも、タイトルに、「アイスクリームが溶けてしまう前に」とあるように、「今過ごしてるこの時間は、2度と戻らないかけがえのない時間なんだよ」、もしくは、「気持ちは変わってしまうから(忘れてしまうから)、今抱いているこの想いは、大切な想いなんだよ」、というメッセージが込められた絵本だなあと思ったりしました。

小沢健二さんの曲の歌詞で言うと、「さよならなんて云えないよ」の、「2度と戻らない美しい日にいると」、という歌詞とリンクしてる感じでしょうか・・・(そう考えてみると、小沢健二さんの表現は、音楽だったり、文章だったり、朗読だったり、いろんな形があるけど、表現したいことは、一貫してる部分もあるのかも・・・)。

読者

63529e11 2b01 404f bd54 88b75f0991947d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d69904551a2dd b87d 45e2 9801 225b9433b4afF323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cdIcon user placeholder35b888f7 1e65 4982 ba27 1839a5ebe4383541e3c1 5be5 4209 a6da 469862481d50 17人

新刊

ロイヒトトゥルム1917ではじめる箇条書き手帳術 もっと自分を好きになる! バレットジャーナル完全ガイド

ロイヒトトゥルム1917ではじめる箇条書き手帳術 もっと自分を好きになる! バレットジャーナル完全ガイド

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca

Taraco-Sell-たらこせる

nigata-saitama,m…

バレットジャーナル本二冊目。こちらのほうが自分にはあってたかな、と思うのは「基本」と「発展」の並列配置。誰もが「フツー」と思うメモも、ホント人それぞれで、ちょっとした「ルール」の違いが納得できないことで「ノレない」体験があるでしょう?そこを乗り越えられるという意味ではカタイおじさんアタマを自覚しつつ天使と悪魔の間で揺れ動く「ライフハック難民」に効きそうな一冊。すでにヤチョラーで通してきた自分が「携帯性を凌駕する収納力」求めてロイヒ注文してみました。もっとカッコいいモジュールを!そうしたモジュラーを!と思うけど、ヒントはこの後生かしていこうと思った一冊です。もちろん、「2」には呼んでもらって大丈夫ですけど?

約9時間前

8d6aaa08 e74d 46e8 97c8 191412be9788Icon user placeholderIcon user placeholder
i

i

65b89b30 f891 4d14 89af d24e21e2fbc6

Emmy

なし

一気読み 力強い文章で大好きです 他人の痛みを想像するとは「心を、想いを寄せること。」

約10時間前

2067840b 21e2 4ce1 8cae 08b68890fe56F7a1302b ab9e 4c05 82ee 2e133855b37eIcon user placeholder 215