518jghmgral

60分で読めるけれど一生あなたを離さない本。《アイデアをどうやって手に入れるか》という質問への解答がここにある。 続き

コメント

特定の知識は「急速に古ぼけてゆく事実」
重要なのは、ある特定のアイデアをどこから探してくるかということではなく、アイデアが作り出される方法に諸君の心を訓練する方であり、すべてのアイデアの源泉にある原理を掴み取ることなのである。
------------------------
単純明解で、難しい。

就活中、リクルーターの方に薦められて買った本。ずっと持っていて、ときどき読み返す。

アイデアをつくるために、シンプルかつ本質をつく名著。

人を惹きつける広告は、社会学を勉強する方がいい。
常にインプットを繰り返し、その情報を咀嚼することでアイデアが生まれる。
生まれたアイデアを現実に使えるようテコ入れをする必要性と、実行力がその人の器量だろう。

〈なぜ男というものは例外なく最初の子供に男の子を欲しがるのか〉
著者のコピーだそうです。爆笑。

アメリカ最大の広告会社で顧問をしていたヤングさんが、仲間からどうやったらアイデアって出てくるんですか?!と聞かれた、その解答。

内容わずか50ページ。濃密です。
広告マンのために書かれた、すべての人のためのアイデア本。

薄い本なのですが、とても身になる内容になってます。

大学や社会に出てから、試してみたくなりました!

20年ぶりに読みましたが、改めて示唆に富んだ本で、自分自身も年を重ねたからこそ、実感できる点も多い。本の魅力のひとつ。

企画と名のつくことに携わるなら、読んでみて損は無いと思います。

データ(資料)集め
データの咀嚼
データの組み合わせ
発見の瞬間
アイデアのチェック

この5段階がアイデアを作る基本

短い中に大切なことがぎゅっと詰まっています。厚いだけで結局何をすればいいのかわからない啓発本よりずっと実があります。

アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない

アイデアのつくり方を書いた本は中々貴重です。
この本を読むとアイデアというのは単なる思いつきではないと言うことがわかります。
ただ洋書なので翻訳に所々違和感を感じます。。。

広告代理店の元常任最高顧問が、「人はどうやってアイデアを手にするのか」という疑問に向き合って書いた本。1時間で読み切れるページ数の中に発見がたくさんあり、無我夢中で読みました。

何度も読み直して確認しています

読者

3c362e5a 4290 4a58 ae45 04f6eed71eb2Cc69e19e 228d 4573 8b34 8afa3d3a97a6Icon user placeholder485da432 00da 4fcd aba0 a07dc18973faAkiaivjyeuyp25rambwaIcon user placeholderB30ed6db d9e4 45a3 a5a5 03505f2b2f44C0f1b25d 259d 4ef9 b96c e1054c12c385 67人

ビジネス