51zycsorjkl

コメント

その他のコメント

図書館期限ギリギリで読了。ただし、アイデアが必要な時に手元に置いとかないと。対立解消図の運用はかなり難しそうだが、手に入れることができればかなり問題解決に役立てられそう。アイデア出し、といえばKJ法にブレストと「お決まり」になってる組織にも個人にも。

以前パートナーからオススメされ、今日書店にて購入。現在読んでいます。冒頭の「知とそれを生み出す営みは孤立しては成り立たない。」つまり、裏を返せば、知識を蓄えることとアイデアを生み出すことは地続きにあるということ。これからどんな内容が待っているのか楽しみです。

読者

Icon user placeholder7df3fa51 c258 43fa b725 e277cac30c46Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder8bb1f553 fec2 44da 877b aecb4ebdf0e0Icon user placeholderIcon user placeholder 40人

読書猿の本

問題解決大全――ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール

問題解決大全――ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール

2f6f6193 5715 40ce adef 84cb04bc5af6

Sue

本と絵が好き。

問題解決のための思考法として、過去から現在までに各分野で提案されてきたものをまとめた本。 すごいと思ったのは、出典が歴史・心理学・経済学・工学・自然科学…と本当に多岐に渡るところ。人類の知の蓄積を感じる。 問題解決法というと、如何にロジカルに問題を因数分解して根本原因を突き止めるかが語られることが多いが、現実には因果関係が分からない問題や原因と結果が循環しているような複雑な問題がたくさん存在する。 問題を因数分解する手法はもちろんのこと、単純な因数分解では解決できない複雑な問題についても、過去の研究から人類の知恵を拝借できる。 現に今困っている人がアイデアを得るのにも使えるだろうけれど、教養として眺めるにもとても面白い本だと思う。

11日前

Icon user placeholder8efff605 568f 4879 8f63 2c8bb0573803C2d6999d 627d 40ac b68a 80aae8485e75 14