Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51iv7km1wfl

ここにヒーローはいない。さあ、君の出番だ。奥さんに愛想を尽かされたサラリーマン、他力本願で恋をしようとする青年、元いじめっこへの復讐を企てるOL…。情けな... 続き

コメント

読めば読むほど裾野が広がって、あれよあれよとあっという間に面白さの真ん中にいた、って思うような、そんな感覚。
伊坂さん、恐るべし。

すべての出会いは、頭の上で大いなるものに動かされてできたものなんじゃないかと思う。

伊坂さんの文章の巧さに、改めてうならされました。伊坂さん作品を初めて読む という方にもすごくオススメしたい作品です。

普通の人の人生の中に、ちょっとした奇跡を見せてくれます!大きなチャンスでもピンチでもない、だけど未来につながるポイントに直面している人々の物語。

文章がスッと頭に入ってくる。
読み始めから終わりまでほとんど詰まることがなかった。
こんなに柔らかい文章を書きたいものだ、と感心しながら読んだ。

出会った人がこの人で良かったと思える人と恋愛をしたいと思った。

★4 読んですぐ再読して、それからググッて、また読み直した本なんてはじめて。物語がメッシュ状に絡み合っていることと、余韻を残した書き方で想像力をかきたてる。

ふと、この本は適切な距離が少し遠目なのかと感じた。のめり込むように読むより、BGMでも流して、紙面から30cm以上離れて肩の力を抜いて。そうすると、なんだか彼らの紡ぐ音楽が聞こえてくるような気持ちになる。

伊坂幸太郎さんの本ははじめて読んだが、あとがきを読んで、作者本来の得意分野とは違うことを知った。他の本も読んでみたい。

とても伊坂幸太郎らしい一冊。読後には斉藤和義をお供にもう一度楽しめて一粒で三度美味しい。

とても面白かった。
最後まで伏線をしっかり回収していた。

マリアビートル読み終えたら、娘が図書館から借りてきて読みかけて放置なのを拝読。
殺し屋が出てこないので誰も死なない。マリアビートルのあとだったので、あまりの刺激のなさにがっかりしつつも見事にはまった。あっという間に読み終えた。小説だから一般人にはなかなか起こり得ないお話なんだけど、もしかしてどこにでも転がってそうな物語。
やっぱりこの人の書く人物ってなんとも味わいがあっていとおしい。

斉藤和義さんの歌とともにこの世界が好きになります。

あの話の続きの時間の流れを感じられる作品でした。

そこが繋がるんだという感じでいろんなストーリー・人物が繋がっていく感じが気持ちよかった。

伊坂節全開。でも恋愛小説。ニヤニヤしてしまう。

全ての話が少しだけ繋がってる。そんな物語

先日、伊坂幸太郎さんの「アイネクライネナハトムジーク」を読みました。

もともと、最初の2つの話が、斉藤和義さんとのコラボレーションとして書かれた話で、そこから話を広げて、新たに加筆された章を付け加えて、1冊の連作短編集になった、といった感じの本ですね。

で、「あとがき」に、「泥棒や強盗、殺し屋や超能力、恐ろしい犯人、特徴的な人物や奇妙な設定、そういったものがほとんど出てこない本になりました」と伊坂幸太郎さん自身が書いてる通り、ほかの伊坂幸太郎作品よりも、普通っぽい世界観なんですが(テーマが「出会い」といった感じ)、伏線が張ってあったり、時間軸がズラした作りになってたり、で、最終的にその伏線が回収されていくといった、伊坂幸太郎作品の特徴が活かされた作品でした。

ページをめくる毎に物語がつながっていって、読み終わった後には何とも言えずほっこりとした気持ちになる作品だと思います。

伏線がはりめぐされた短編集。
前に戻って伏線拾うのが楽しかった。

連作短編という形式が好きで。
ただこの作品は時が前後したり、結婚したり離婚したりで、複雑な構造なので、相関図とか欲しくなる。

伊坂幸太郎らしい、高感度の高ーい爽やかなお話です。

読者

018019b7 c2cb 4729 91bf a3c53d4f587aIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderEf861b1a a3b8 4ad3 9303 1426eb76443d9ce2e64e 6f31 4d75 b26f 84574d0ac6c3F87cced7 3b24 400e 9d4e d0d0be9c1730Icon user placeholder 92人

伊坂幸太郎の本

サブマリン

サブマリン

35b888f7 1e65 4982 ba27 1839a5ebe438

mou

ブログ的感覚で、読んだ本の感想を…

先日、伊坂幸太郎さんの「サブマリン」を読みました。 「チルドレン」の続編ですね。 それで、読んでて思ったんですけど、伏線が張ってあって、最終的に回収されたりはするんだけど、伊坂幸太郎色が弱いというか、少年犯罪をテーマにした、薄味の小説といった印象で、ちょっと物足りなかったですかねえ。 「チルドレン」は、もっと趣向を凝らしてた気がするんだすけど・・・(すごい前に読んだので、あまり覚えてはいないんですが・・・)。 なので、伊坂幸太郎作品初心者の人が読むのに良いかもしれません。

4日前

B2d408a2 e856 4be0 afd7 f53c379f53da342077c8 1294 4f15 a426 fd3225eb541b
キャプテンサンダーボルト 下

キャプテンサンダーボルト 下

D04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef31

ぬっぴー

川端康成好き。

ノンストップというのが相応しいエンターテインメントでした。伊坂さんだったらあと一枚くらい裏テーマを交えて深みを出せそう。桃沢瞳の巨乳が「とれる」シーンで、彼女のことがとても好きになった。2018.1

約1か月前

3461f976 7283 4644 a020 6250675cff38242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaaIcon user placeholder