51iv7km1wfl

ここにヒーローはいない。さあ、君の出番だ。奥さんに愛想を尽かされたサラリーマン、他力本願で恋をしようとする青年、元いじめっこへの復讐を企てるOL…。情けな... 続き

コメント

1話読み進める事に、「あ!これはさっきの話で出てきたあの人か!」とか「ここ繋がってたん!」とか、ささやかな驚きが数々あって、次は誰が出てくるのかと楽しく読み進める事ができました。小さな繋がりが沢山ある話なので、もう1度読み返したいと思いました。

「メイクアップ」の主人公と自分の境遇が似すぎていて、小説に自分を許された感覚になるのは初めてでした。
過去に私と同じ境遇を持っていた人には、この話だけでも読んでほしいなと思います。 自分の過去を認めることは案外凄く難しい。

その他のコメント

読めば読むほど裾野が広がって、あれよあれよとあっという間に面白さの真ん中にいた、って思うような、そんな感覚。
伊坂さん、恐るべし。

すべての出会いは、頭の上で大いなるものに動かされてできたものなんじゃないかと思う。

読者

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7bIcon user placeholder980f83fa 2585 4a68 8371 9a1ccc7b7c14A2e77bda dd4d 4013 82ee 151bd28d8a5cA5a5021f fb40 49ad 85a7 3b38a06fe9ce018019b7 c2cb 4729 91bf a3c53d4f587aIcon user placeholderIcon user placeholder 97人

伊坂幸太郎の本

クリスマスを探偵と

クリスマスを探偵と

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます

真実は1つなのに 真実を知らなければいろんなこじつけというか解釈の仕方で 物事が違って見えたりすることはあって そこから誤解や勘違いが生まれるんだなぁと思う

約2か月前

Icon user placeholder8f363b4b ed46 40b5 abf7 b1c3dfa85573B113b887 12f3 4ace a8af 315dfc23ecd1
サブマリン

サブマリン

35b888f7 1e65 4982 ba27 1839a5ebe438

mou

ブログ的感覚で、読んだ本の感想を…

先日、伊坂幸太郎さんの「サブマリン」を読みました。 「チルドレン」の続編ですね。 それで、読んでて思ったんですけど、伏線が張ってあって、最終的に回収されたりはするんだけど、伊坂幸太郎色が弱いというか、少年犯罪をテーマにした、薄味の小説といった印象で、ちょっと物足りなかったですかねえ。 「チルドレン」は、もっと趣向を凝らしてた気がするんだすけど・・・(すごい前に読んだので、あまり覚えてはいないんですが・・・)。 なので、伊坂幸太郎作品初心者の人が読むのに良いかもしれません。

2か月前

D3f10d98 87b1 4c10 8449 416c757048feB2d408a2 e856 4be0 afd7 f53c379f53da342077c8 1294 4f15 a426 fd3225eb541b
キャプテンサンダーボルト 下

キャプテンサンダーボルト 下

D04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef31

ぬっぴー

印刷会社で燻っている29歳

ノンストップというのが相応しいエンターテインメントでした。伊坂さんだったらあと一枚くらい裏テーマを交えて深みを出せそう。桃沢瞳の巨乳が「とれる」シーンで、彼女のことがとても好きになった。2018.1

3か月前

07f27549 2608 4ee9 bb08 1fd4e79627a33461f976 7283 4644 a020 6250675cff38242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaa 8