316aft2hdtl

史上最悪の航空機事故は仕組まれたのか。『タモリ論』で「いいとも」終了を予見した著者が満を持して放つ大長篇。御巣鷹山の悲劇は空前絶後ではなかった。しかも今度... 続き

コメント

久しぶりにとんでもない小説に出会ってしまった。
645ページ、二段組。カバーを外すと黒光りする装丁。

1995年、大坂発東京行き大洋航空420便と東京発沖縄行き461便が空中で衝突し、乗客672人が死亡した航空機事故の関係者のインタビューを集めたという小説。

もちろん、この航空機事故は架空だけれども、それでも昭和平成の時代について語られ、とくに95年以降の日本について関係者の言葉を借りて、著者なりの時代の見方が透けて見える。

厚くて、小難しそうな本だし、読みにくいように見えるかもしれないけれど、そんなことはない。インタビュー形式なので一本一本の短編小説として読める。どのインタビューも、すごく迫力があるし、起承転結があるからすごく引き込まれる。

上手くまとめる言葉が出てこないけれど、とんでもない小説に出会ってしまった。

平成の終わりに、平成とは何だったか振り返る良い機会になった。

読者

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a703b1979f 9cfd 48b7 9aee 301b0ca1bd32238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d6990F4b211ea 0963 4178 92fe b51b494e5186014253d4 6080 4951 9119 24735184a696F11603e6 7980 4853 ba71 c021c99f74ca84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690 7人

樋口毅宏の本

愛される資格

愛される資格

F4b211ea 0963 4178 92fe b51b494e5186

しろいはなび

【2017.05.01~から記録…

面白いのか、面白くないのか、すごく難しい作品だった。 樋口さんの作品は、フィクションの力を借りてとんでもない境地まで主人公たちをプッシュアップさせて、どこに着地するんだろう、っていうワクワク感があって、その極北が『アクシデント・レポート』だと思う。あれほどフィクションの力を借りて、ガンガン突き進んでいく作品は無いし、虚実入り交じって、現実を飲み込むほどの作品は、そうそう無い。 と思うのだけれど、今作は氏の作品にしては、大人しいかも。と思った。 でも、読後に調べてみたら再婚相手についての半自伝的小説だと言っていて、それならこれもありなのかも。と思いました。長いラブレターとしてみると、わりと素敵なのかもしれない。

8か月前

民宿雪国

民宿雪国

F4b211ea 0963 4178 92fe b51b494e5186

しろいはなび

【2017.05.01~から記録…

架空の国民的画家、丹生雄武郎の評伝。 架空の画家の生涯と世間受け入れられ方を通して描かれるのは「日本とは何か」「芸術とは何か」という根源的な問いで、作中の人物の力を借りて時にはタブーに足を踏み入れていく。 民宿雪国は、文庫本で236ページという短さで、根源的な問いを明らかにしていくには短すぎたように思う。それは、作者がそれだけ一作に力を注げる時間的余裕が無かったのか、それとも彼の生み出した画家、丹生雄武郎が手を持て余してしまったからなのだろうか。。。 この作品を発展させ、ボリュームも圧倒的に増やしたのが「アクシデントレポート」なのだろうなあ、と思う。 それでも、二転三転四転五転する新たな事実に驚き、皮肉たっぷりに描かれる「芸術」はとても痛快だった。

10か月前

238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d6990Af663ff4 7637 486d 92ce ba17b8715718B44fe3cf 0581 4568 9cc3 7fd84a5f8243
さよなら小沢健二

さよなら小沢健二

5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2

かやこ

3時間くらいでいいから猫になりた…

面白そうだなと思いつつ読んだことが無いままに引退宣言をされてしまったのでとりあえず1冊読みました。andymori2ndまでしか聴いてなかったので3rdからも聴こうと思います

1年前

238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d6990C8ab4ca0 717e 41de af3d e95859008373