51mnfb472ml

深夜の電話に駆けつけたシェパード医師が見たのは、村の名士アクロイド氏の変わり果てた姿。容疑者である氏の甥が行方をくらませ、事件は早くも迷宮入りの様相を呈し... 続き

コメント

幸運にもトリックを知る前に読み終えることができた。フェアかアンフェアかの論争があったのは知っていたけど、真相に驚かされると喧伝されている作品であるため、「そう来たか」という驚きと「こういうわけか」という納得で半々。何を書いてもネタバレを示唆しそうなので控えめに言うけど、個人的には有りだと思う。読み終わった後、三谷幸喜がドラマ化した「黒井戸殺し」を見たのだけど、冒頭の演出に拍手してしまった。ドラマとして、あの演出が冒頭に来ることで大分フェアに感じる。

その他のコメント

そして誰もいなくなった、オリエント急行殺人事件、とともにクリスティ代表作とされる一冊。
直球勝負が多いクリスティにあって、かなり切れ味鋭い変化球です。
トリックを知らなければ、どれだけ気をつけて読んでも確実に驚かされます。
これ以降同類のトリックを試みて成功した話を聞かず、それ故にクリスティの独創性と筆力の凄さが光る作品だと思います。

これぞミステリーって感じの作品。作品自体は古いけどその古さを感じさせない現代感。

読者

D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869Adb2abfa e570 432c b7ff 62562fb962de43e40922 393f 480c b38b 2a2b3a69ae6aCd8b17e5 d216 41cc 91e3 e0bd54c1bf967ca0e0e0 6932 447d b683 6f505aadb8fdEbbe713b 87ad 476b 9ca3 7fba5510b36b66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aEae20dc9 4ff6 4b67 96b1 fce2d79b1823 27人

アガサ・クリスティーの本

ねじれた家

ねじれた家

Bb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d6

みつちや

推理研究会に入会を機に、読書魂に…

2019 6月 映画公開に合わせて再読 クリスティ好きと言いながら、長年読んでなかったので内容すっかり忘れてました… 昔の英国の雰囲気を存分に味わいつつ、犯人は誰なのか…クリスティを読めば読むほど当たらないと思うのは私が愚図なんでしょうか? 映画は雰囲気を楽しめる点ではGoodですが ミステリ要素は薄かったです 星3.5かな 2018年の映画、オリエント急行殺人事件のポワロが走る衝撃に比べたら…原作に忠実です 映画は原作通りがいいとは思いませんがね

20日前

動く指

動く指

62f8b43a 27bf 42f9 8e42 d14b2e3b4575

pam

面白いものを作りたい

火のないところに煙はたたず。 これを読んで本格的にクリスティーにはまった。

6か月前

F51e8a3c db1f 4b15 ad1f b2f3f60e21d4Cee9898e 9704 47ce 97e2 a3a55b47bfd7
五匹の子豚

五匹の子豚

E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a

kasa

旅行や食に関する本、 海外文学、…

初アガサ・クリスティー作品 読みながらテレビで見てたポアロが脳内劇場で活躍。 絶対このセリフ早口だろうなぁとか、ストーリーもすごく面白かった。 ジャスミンの香水で回想が明確になるところが好き

9か月前

43e40922 393f 480c b38b 2a2b3a69ae6aD487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca