517mrw1ty5l

この感情は、誰にも奪わせない――全てが管理された世界に抗う最後の少年の物語。人類から悪意を分離すれば、善き人の世界が訪れるはず――。全てを有機神経知能に管... 続き

コメント

負の感情を無くせば人は善き人になれるのか。いや、欲望や嫉妬心があるからこそ人は成長できるのだ。感情は変化するものであり多様なものである。感情こそが個性を生み出すのだ。というようなお話。

二つの並行世界の関連性が徐々に明らかになってくる中盤以降は一気読み必至。

「幸福とは不幸がないことではない。不幸の先に希望を見つけられることだ」

読者

Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec15359b6918f0 31d9 4772 b469 00187c1e6633

浅生鴨の本

51vmrawz0gl
Fcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699db

近藤灯子

偏食読書と手元の活字を追う日々

文庫化を機に。 気にはなっていたけど、まさかこの本で泣かされるとは思わなかった。 鴨さんの感覚が好きです。

約2年前

9e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453Cbf33d7a 64dd 432c a6e3 f3aabc6f5f31
51vbnjefyml
234d0023 c28c 44ab ac21 b2d5f88e802c

777

本棚は、気になった本の集積所とし…

欲しい本、読みたいほん

約2年前

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e1e942348 e2bf 41da 87e4 477d7e3a8aec1eedbfff 8ca7 4ba7 8e6a 49c60d63a340