41ut9pnvwql

1 作家論(バンクシーズ・リテラシー-監視の視線から見晴らしのよい視野へ BNE-水の透明なリテラシー レター・レイサーズ-ラメルジーと武装文字の空気力学...
続き

コメント

わたしがついていけないぐらいの速さでどんどん深掘りしながら、独自の視点で切り込んでいくのが本当に面白い一冊!

読者

014253d4 6080 4951 9119 24735184a69617d5238a bd35 481b 9acd b495ae9d0c1a1ad2eff2 e094 424d a3a2 0c1ee0fa4fc1007b7add e03b 4fb2 b2fe cf6596e2f60068bcb13d d1bc 412e ac57 ab2bf0844aab 5人

大山エンリコイサムの本

ラッセンとは何だったのか? ─消費とアートを越えた「先」

ラッセンとは何だったのか? ─消費とアートを越えた「先」

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

圧倒的に売れていて、知名度も抜群なのに玄人筋やまっとうな美術愛好家からは完膚なきまでに黙殺されているラッセン。そんなラッセンをあらゆる角度からdisりまくった、もとい、分析しまくった一冊。 本書の中でラッセンの主な購買層として「どんなに頑張っても今いち垢抜けず安っぽい趣味に染まりやすい田舎者」をあげている(ヒドイ!。この属性は大抵の人間は多かれ少なかれ持ち合わせているものなので、自分の中の認めたくない俗な部分が突きつけられているようで、より嫌悪感が増すのかも。 ラッセンのdisりポイントとしては、技法の未熟さ(というか適当さ)、一般人に受けそうなエコっぽいアイテムをひと通り並べてみましたという安っぽさ、度を超えた商業主義、Photoshop使用疑惑wとか、いろいろ指摘されてて面白かった。 HPの自己紹介がダメとか、最盛期にノリで作っちゃったアルバムや主演映画の出来が酷いとかw、幅広く突っ込まれていた。 本書の中でも指摘されているけど、同時代人の美術愛好家たちがいかに嫌ったとしても、これだけマスの支持がある作家だけに、四半世紀も経過すれば評価が大逆転している可能性はある。国立西洋美術館や東京都現代美術館にラッセンが収蔵される日がいつかやってくるのかもしれない(笑 って、アールビバンが頑張れば、上野の森や東京都美術館あたりでの「回顧展」はすぐ出来そう。絵売りつけられそうだけどw

2年前