51guh8btuil

〈英国推理作家協会賞最優秀新人賞受賞〉犯行を予告し、次々と斧で市民を襲う殺人鬼〈アックスマン〉。現場には謎のタロット・カードが。警部補マイクルは凶行を食い... 続き

コメント

禁酒法の発行間近の1919年4月。
暴力や人種間の争いが蔓延するニューオリンズの街に、斧を持った殺人鬼アックスマンが現れ、「ジャズを聴いていない者を殺す」という予告を新聞社に送りつけ、住民たちを恐怖に陥れる。
ホラー映画のあらすじではない、なんとこれ、実在の事件だと言う。
この事件を題材に作者は魅力的なキャラクターを創造。
黒人女性との結婚をひた隠して生きる刑事、その師匠でマフィアに通じて刑事の職を失った男、探偵志望の混血の若い娘、それぞれが独自に犯人を追い詰める。
これにルイ・アームストロングを思わせるルイス・アームストロングというコルネット吹きが協力者として登場し、ストーリーの合間に魅力的な演奏を繰り広げる。

盛りだくさんの要素を盛り込んで、混乱するかと思いきやストーリーはスマートに大胆に進行し、読み易い。
ただ異なる人種が入り乱れ無法地帯と化すニューオリンズの街は活気と猥雑さに満ちて、まさにジャズそのもの。
この街こそがこの作品の主人公なのかもしれない。
英国推理作家協会の最優秀新人賞受賞作。

その他のコメント

ジャズを聴かない奴は死ね…犠牲者を斧で殺す連続殺人はニューオリンズで実際にあった事件だという。この実話を下敷きにした物語。
妻が黒人ということを隠し、先輩に不利な証言をしたために周囲から嫌われている刑事、その証言によって刑務所に入っていたマフィアに飼われている元刑事、黒人女性であるためにまともな職に就けないことが不満なピンカートン探偵社の秘書、の三人が殺人者を追う。
サッチモを思わせる登場人物も重要な役割をを果たしニューオリンズの街の雰囲気もよく書けてる。凄く悲しい物語が背景にあるけども読み応えのある作品でした。面白かった。

1918年に実際におきた未解決事件もとにしたクライムノベル。
この時代の時代描写がいい感じ。

読者

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c65234f26 1acf 4b48 8b60 ae7c34f62192D3e796ab 5978 434a b358 9cc624e8a9f7 4人

文芸

ひゃっか! 全国高校生花いけバトル

ひゃっか! 全国高校生花いけバトル

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

文化部活モノ。頑張る女子高生とイケメンの転校生が目指す、生け花の全国大会。チョット変わった競技です。 明るく清々しく、初々しい。 一体どうやって、二人が強豪校と立ち向かうのか!ワクワクしながら読んでいけます。 「奥州ぼろ鳶組」のファンならば、ニヤニヤしながら読んでください。笑

約3時間前

盲目的な恋と友情

盲目的な恋と友情

0a215ffe 9748 4334 a6a8 e4409efafbfb

cover maker

蟲師はいい話だと思う。

女性を主人公に描いてるけども、男性だって読むべきだ。自分以外の立場のいろんな気持ちに、気持ち悪いくらい触れさせられる。あーわかるって思う。

約20時間前

6c56af2d c95e 4957 b9cf 6b7ed093c6c8956d2271 8c26 4469 8d7d 162f6cb03d69Icon user placeholder 68