Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51hrjfe6r8l

単純な「チェックリスト」が日常に起きるミスを減らし、災害・事故に際しては人命を救う。絶対にミスの許されない医療現場で著者が辿り着いた真実。経営者、投資家、... 続き

コメント

医療、建築現場、パイロット、僅かな過ち、見過ごしが致命的な惨事に繋がりかねない職場で、ミスの芽を摘み、組織で戦うための力を高めるためにはどうすれば良いのか。

チェックリストはマニュアルでも、教科書でもない。トゥドゥリストとも違う。重大な局面で正しい選択をするための、里程標である。

本書で示されているチェックリストの考え方は、どんな現場にも応用可能であり、とても興味深く読むことが出来た。

その他のコメント

またやっちゃった!どうしてこんなことに……とならないためのチェックリスト。
たくさん線を引きながら読みました。

チェックリストの有用性と作り方

読者

Icon user placeholder2f6f6193 5715 40ce adef 84cb04bc5af6Ac3c4453 229d 42d3 a731 83ea3e723b16Icon user placeholder8f9d61e6 b7d3 4469 851b b1359087aec4Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 21人

アトゥール・ガワンデの本

死すべき定め――死にゆく人に何ができるか

死すべき定め――死にゆく人に何ができるか

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

効率を重視するあまりに、非人間的な収容施設と化してしまう老人ホーム。 手術、放射線治療、抗がん剤と、できる限りの手段で治療を図るあまりに、終末期の生活の質を致命的に損ねてしまうガン医療。 あるのかどうかわからない未来のために現在の健康を犠牲にするのでなく、今日を最善に過ごすことの大切にすること。 介護のために援助が必要でも、自由な生活を犠牲にする必要はなく、死すべき定めとの戦いは自分の人生の一貫性を守る戦いであると、本書では説かれている。 安全や寿命よりも、大切なことが人にはある。まさにその通りなのだけど、実際にその状態になった時に何処までその意思が貫けるのか、いまから覚悟を決めて少しづつ準備をすべきなのだと実感した一冊。

5か月前

7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa50428b805 0227 4490 be82 27528fd3d1b39a4edd1d 778e 48fe 9bb5 8202a6583d81