51g32tfubkl

たけしがたどりついた“究極の愛”。狂暴なまでに純粋な、書下ろし恋愛小説。「お互いに会いたいという気持ちがあれば、絶対に会えますよ」すべてがデジタル化する世... 続き

コメント

今はいつでもどこでも連絡をとろうと思えばとれる時代だけど、あえてそういうものに頼らなかった2人。でも、2人はちゃんと思い合っていて、こんな関係いいなって思いました。そして悟と山下と高木の関係もすごくいい。こういうのを男同士の友情っていうのかな。

その他のコメント

短めの映画を観ているような感じ。情景が次々と眼に浮かぶ描写。ビートたけしさん、もっと小説たくさん書いて欲しい!

今の時代 簡単に連絡を取り合える人間関係は 便利な分 悩んだり心配したり心の葛藤がないと 本文の中にあって 確かにそうかもしれない
携帯がない時代の恋愛がいかに不便なものか 作中の2人は携帯があるにもかかわらず 連絡先を交換してない中での約束だから 体験して理解できたのではと思う
そんな2人が再会出来たのは やっぱり縁でしょうか

読者

D08c46be f694 44a1 8011 94d357c409b0417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c6C218082a 83f0 4c03 a4d0 435a80a6c0da6279c3dc c4e6 441c 886d a8c1c7d5204a84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690818d25d5 1b01 426e 8e61 12d45e70c328D33345bd b31e 4849 9eb2 adb3714ee844E1bcb276 3ad6 4c8c 87fa 8e8b0e77dd5a 70人

ビートたけしの本

少年

少年

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8

mana

喜怒哀楽の怒がない世界

書かれて30年も経った小説だから昭和な臭いがするんだろうなと読んだけど、 むしろいつの時代にも通じる「少年の心」で満ちてた。 無邪気で、無垢で、 どんな小さなことにもいつも全力で、 その分、喜びや悲しみ、もしかしたら喪失感にも心いっぱいにする。 そんな少年に、あとがきで「憧れる」とたけしさん本人が書いてた。 超絶賢くて、 凶暴な映画を創る一方、 テレビでは無邪気極まりない笑顔で水やら小麦粉やらを大砲でぶっ放す、 激しくクレイジーな人だと思ってたのに、いい意味で拍子抜けした。 読後、とても温かい気持ちにしてくれる本でした。 一生懸命に生きよう。

21日前