41t2z9stcgl

時計の針が深夜零時を指すほんの少し前、都会にあるファミレスで熱心に本を読んでいる女性がいた。フード付きパーカにブルージーンズという姿の彼女のもとに、ひとり... 続き

コメント

その他のコメント

デニーズに行くたびに思い出すこの作品の、深夜の雰囲気が好きで、たびたび読み返している。

最近かつての恩師が覚醒剤で逮捕されたけれど、
人を特徴づける資質には、相反するものが境なく共存しているのだろう。
例えば、知的好奇心が豊かで、何を犠牲にしても見たいものがある人の、
「社会的⇔反社会的」「健全さ⇔不健全さ」。

この作品では、暴力的な価値観が日常に溶け込んで、平穏な朝でさえ、事件の前ぶれのような、不吉な予感が漂っている。

8年前の出版以来、読んでいなかったが、最近再読。
(インタビュー集『夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです』を読んで、あ、そうえばそろそろ読んでみようかなと引っ張り出した)
深夜から明け方の話なので短編の様な話。シンプルだからこそ、考えだしたら永遠に答えが出てこない。

読者

406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b74095737 6919 45fb 87cc b1427e46daec439bcb89 305d 4229 8bd4 7c8a9644bbc1Ac8450bb 96b6 475d 9a26 f8a500cd5ed66c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c94b7ed642 4753 4367 a6f0 373647a8c060E1562d5e 21ae 427c 8cbf 124bdb642864 54人

村上春樹の本

走ることについて語るときに僕の語ること

走ることについて語るときに僕の語ること

200cef13 563f 4e85 b40c 9d1c0035d8a0

マシロ

積ん読が其処彼処に小山を築いてい…

実際日常的に走っている人の走ることについての文章が読みたくて読んだんですけど、読んでよかった。村上春樹の文章についてはつらつらと読めてしまい、気が向いたときに手に取るという感じでこれまで読んできたので、エッセイ的なもの(本作では「メモワールのようなもの」としていますが)は初めて手にしたのですが、元々いろんなことに興味のある人の文章という感じで、読んでいて面白いなぁ。しかし毎年フルマラソンを走り、また毎月走る距離を管理しているというのはすごい。あと小説を書くことについても書かれていたのが個人的に興味深かった。

1日前

7a9cc2e9 e307 4227 aceb 7b80eea8b47cE5c15d86 fa5a 4766 a6aa bf26459b98227488fce7 afb7 46f0 9f41 1aee0af84bfb