41xouc0yjxl

幼子の名はミハル。産廃処理場に放置された冷蔵庫から発見された、物言わぬ美少女。彼女が寺に身を寄せるようになってから、集落には凶事が発生し、邪気に蝕まれてい... 続き

コメント

忍び足で寄ってくるような、ぞくぞくとした不気味さの中にぞくりと背筋が冷たくなるような恐怖がある、そんな文章が魅力的です。

読者

C7f8a651 422d 47d7 8d7b 09d0515142a2Fe43a628 2b3a 4ce6 9bca 96ee125309df

文学

攻殻機動隊小説アンソロジー

攻殻機動隊小説アンソロジー

19044d62 6fd6 4172 b936 f96acc1a498a

九重篠

腐っている成人済みオタク

プロの作家さんたちによる、攻殻の公式アンソロ。 それぞれ作家さんたちごとにフォントが違うのが凝っていて面白いけど、少し目が慣れるのに時間がかかった。 朝霧カフカ版は、まだ草薙と会っていない、笑い男事件後のアオイと元軍人でまだ日本にいたクゼヒデオが会っていたりなど、嬉しい共演だった。 神山版だけではなく、「人形遣い」を知っている原作ないし押井版の草薙素子も出てきて、面白かった。 バトーとトグサ(特にバトー)の出番も多かった。

約24時間前

Eb552d48 dd94 4640 ab00 366b6d191d66De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c