51s6xxn2rcl

コメント

その他のコメント

最近ちょっとハマったマキューアンのブッカー賞受賞作。
社交界の花型で奔放な生活を送った人妻が亡くなったその葬式のシーンから始まる物語。
葬式に出席しているのは彼女と関係を持った3人。新聞の編集長、作曲家、政治家。
遺品の中からスキャンダラスな写真が発見されその処置を巡って3人の運命が崩壊していく様を描いている、のだけど、そこはこのひねくれた作家らしく、こうきたか!という感じのストーリー展開。
荒唐無稽な部分もあるのだけれどとても面白く読めました。

読者

C551c2ec cf20 4340 8858 5f44ff54bf19Ce33d3c3 1158 4dac b7c1 c7e2ba370e6308634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c 3人

イアン・マキューアンの本

贖罪

贖罪

F8691eed db21 42e5 a930 fe7d30b53c8a

あや

好きな本

物語の存在意義を問う、物語。敬愛してます。

25日前

初夜

初夜

20b3ca64 90c5 4491 9ab0 a02b41db9cbb

かずか

休日などに、まとめて読みます

何も起こらなかった2人の話。 後悔するほどではないが、あの時話していれば、行動していれば、今どうなっていただろうという思いが文章で描かれていると思う。

3か月前

C551c2ec cf20 4340 8858 5f44ff54bf19Icon user placeholder89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e
未成年

未成年

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

宗教上の理由で輸血による白血病の治療を拒否する未成年のアダム。 そんな彼に、裁判によって輸血を命じるべきか、彼の信条を尊重して確実に訪れる死を迎えさせるべきか。 この難しい裁判を担当するのは、夫に別の女性と関係を結びたいと宣告されたばかりの女性裁判官フィオーナ。 迷いと混乱の中で、彼女は大人として、正義の裁きをアダムに下そうと努力するのだが…。 社会的規範である法と、人の心の拠り所である宗教と、愛や希望という人間的な感情と。 フィオーナは、正しい選択をしようとしながらも、アダムの純粋さによって気持ちを揺さぶられ、惑う。 人は、自分の中の弱さや愚かさを認め受け容れて初めて、自分を知り、そして他者の中に同じものを見つけられるのかもしれない。 そしてそこから他者と大切な関係を築くことができるようになるのかもしれない。

約2年前

C551c2ec cf20 4340 8858 5f44ff54bf19Icon user placeholderF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113 19
甘美なる作戦

甘美なる作戦

4f0ea177 743f 4ed5 8718 2763ce43fdae

Y

女岩合さんと呼ばれる。

とてもスウィートとしか言いようがない。エマワトソンで主人公をイメージしながら読んだ。

約3年前

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c