Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41k1n4z1g8l

空想の中でひとり遊びをしていた小さな女の子アメリは、そのまま大人になって今はモンマルトルのカフェで働いている。彼女の好きなことはクレーム・ブリュレの焼き目... 続き

コメント

大好きな映画の原作。
多分もう7回ぐらい読んだ。
それくらい好き。

その他のコメント

映画版も好きだけど、原作も◎

クレームブリュレが食べたくなる。

読者

9bc34478 5361 482d b5bc 3e857a5f25d1093f2d8d 0d90 419f a1b1 b58009b928ee6afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc373399a2bf2ad ba91 4cdb bd69 308786eb24ff3e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b3c61eff0 ab27 4084 a541 dd2375c8b3b27262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d8fad0d06 83a5 470c 8417 e2bde8b8e3a1 15人

文芸

IN

IN

497c3a12 691e 4572 a291 303879b1d338

みさ

ジャンル問わず読み

OUTの続編かと思ったら全く違うものだった。主人公の心の描写がとても印象的

約10時間前

都立水商

都立水商

497c3a12 691e 4572 a291 303879b1d338

みさ

ジャンル問わず読み

ソープ科とかホステス科とかとんでもない設定なんだけど、ホロリとくる。お風呂で読んでたんだけど、続きをよむのが待ち遠しい日々でした。実はホロリと言うより、本気で泣けた。

約10時間前

パタゴニア

パタゴニア

C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b

Eiji Kobayashi

こヴィ。編集者・ライター

祝文庫化!で、約20年ぶりに読んだ。すでに「20世紀(後半の)紀行文学の古典」と称されているけど、決してこの記述のスタイルがスタンダードになったわげではなく、むしろ特異点として屹立していることを再認識。でも誰もが一度は読んだほうがいい。池澤夏樹の解説(『世界文学全集』収録時の09年執筆)も興味深いエピソードがいろいろ紹介されていて良い。『ソングライン』や『どうして僕はこんなところに』も読み直したくなった。旅に出て。

1日前

F92cb21a a9fe 45e9 9926 ee84a09e7895E4d95eeb 066f 4a10 abd9 81fa9fe6f8ff117eb55f 388b 42c9 ab38 ba2337c0de1e 13
不思議屋/ダイヤモンドのレンズ

不思議屋/ダイヤモンドのレンズ

Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535

まさと

ちょこちょこと読む

まさに幻想、神秘、奇想。不思議な世界を体感したければ読むしかない。 悲しい話はどうしようもなく悲しくて読んだ後に途方に暮れてしまうほど。 『不思議屋』という話に出てくるソロンという男の子の口上がとても良いのでそこだけでも読んでもらいたい。ラクダは瘤があるからこそ人を運べるんだ。 一番気に入ったのは『ハンフリー公の晩餐』。

1日前