41k1n4z1g8l

空想の中でひとり遊びをしていた小さな女の子アメリは、そのまま大人になって今はモンマルトルのカフェで働いている。彼女の好きなことはクレーム・ブリュレの焼き目... 続き

コメント

大好きな映画の原作。
多分もう7回ぐらい読んだ。
それくらい好き。

その他のコメント

映画版も好きだけど、原作も◎

クレームブリュレが食べたくなる。

読者

9bc34478 5361 482d b5bc 3e857a5f25d1093f2d8d 0d90 419f a1b1 b58009b928ee6afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc373399a2bf2ad ba91 4cdb bd69 308786eb24ff3e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b3c61eff0 ab27 4084 a541 dd2375c8b3b27262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d8fad0d06 83a5 470c 8417 e2bde8b8e3a1 15人

文芸

517b2b3fzzl
1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

自分の本棚の前で立ち読みしてしま…

古い祖母の家。染織りに心惹かれる4人の娘達と不思議な人形にからまる、謎と縁。 結構リアルな芸術系&技術系の女子達のお話に、「りかさん」という人形が絡んでくる。 妖のお話では無いのですが。 大人な蓉子さんが「りかさん」を大切にする不思議を、読者もいつの間にか当たり前に受け止めるようになってしまう不思議。 この本の主人公は?と聞かれたら。。 ただそこにいる「りかさん」かなぁ。と答えてしまいます。 読み終えて題名見て「からくりからくさ」「おーー」って思って。笑 再読したくなる本。

約9時間前

518yiklv8ul
Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535

まさと

ちょこちょこと読む

それぞれの詩の題名がまず良い。 現実に足を着けながらも、奇想に連れていってくれる。

約12時間前

51q9cusylel
C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b

Eiji Kobayashi

こヴィ。編集者・ライター

この作家はやはり信頼できますね。静かなる傑作。(もちろんこれはフィクションだけど)自分はこれほど自身のことを正直に語ることができる日が来るだろうか?と自問しながら読みました。あと28歳の時の2ヶ月以上の入院生活(ちょうど今の時期)のあれこれを思い出したりもしました。またこれは80年代のニューヨークを伝える回想録という要素もあります。

約18時間前

099dd5e6 a654 4556 a38a 2d8c84738dcd8678250e a2ba 467b 99a9 a448684955d8791f6a10 659c 4d6b 88f5 add02bc00a76