519fnqyrsjl

コメント

すごく好き。
脇阪克二さんの絵もぴったり。
「たくさんのふしぎ」は変わらず素敵だ。面白い。
アリになるという発想と世界観の作り方が、漫画家さんや小説家さんの思考の順番と違いそうなところがまた面白い。森田さんならではの世界観。

その他のコメント

数学者です、と言われて、一体何をしている人かイメージを持てますか?私は正直、さっぱり何をしているかわからなかった。

でもこのほんを読んで、数学者の人が、この著者の森田さんが見る世界は、なんて繊細で面白いんだろうと思った。だから、私にとって数学者は、目に見えない世界の秘密を解いて教えてくれる人になった。

私は数学が苦手で、学生の頃面白いなんて微塵も思わなかったし、むしろ数学、算数的な授業は苦痛に近かった。でも、もしかしたら、本当の数学を知らないだけで、ちゃんと正しい扉を開けば面白い世界なのかもしれない。

最近、どんな分野も最初の扉の開け方で、その後関心が持てるかどうかが大きく変わってくるように感じている。

アリの視点で見る数字の世界は、新鮮で輝きに満ちていた。たくさんの子どもがこの本をきっかけに数学の世界に興味を持つだろう。これは、いい扉です。月刊 たくさんのふしぎ、初めて読みましたが、すごいいい!定期購読検討中。

個人的に、アリに噛まれて、じゅわっと甘い汁が漏れだす描写と、食感で水滴に触れるシーンが瑞々しくて好きでした。

「子供に良いなぁ」と思い購入。

「1」を探す旅。

数の持つ色彩や速度感。

自分は数に美しさを感じた事が無い人間だけど、音や動きにはそれを感じるけど、どうして数には感じ無いのか?

自然界に「1」というものはそもそもあるんだろうか?なのに何故「1」という概念を打ち立てられたのだろうか?等と考えてしまった。

自分が幼い頃にこういう本に出会えていたら数学嫌いにはならなかったかもなぁ、と思える幸運な出会いの一冊。

絵も柔らかな質感でとても良いです。

きれいな文体だから、自分の顎で食べ物を噛むように、子どもには自力で読み切って欲しいです。

読者

0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a01fa4122 4003 4b87 8107 ab33b870146aFa8448b4 f8b2 42e4 96c9 25345ba78bb722c9f424 435a 479b 99e8 8f66ce619953C3250572 a273 4a87 a82a 3226adb32d30Bde17c81 c70d 4ccb 903b c4afd6d4b6c3F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf99e015e54 bd46 449a aca5 243209633b1a 13人

森田真生の本

数学の贈り物

数学の贈り物

E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a

kasa

旅行や食に関する本、 海外文学、…

以前に森田さんの講演会に行き、数学者が集まる場では素数の番号から靴箱のカギがなくなるとか、楽しかったのを思い出した。 『数学する身体』の時はたしかお子様が生まれたばかりかその直前だったと思うが、この本では成長していくお子様のそばにいる森田さん、という視点で数学に絡んだ話も読める。 「言葉はもちろんコミュニケーションの道具だけれど、それ以前に自己を編む糸である。〜何かを伝えるだけでなく、世界を生み出すことだ。」 語学も数学も新しい発見があった。

2日前

01fa4122 4003 4b87 8107 ab33b870146a0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a821e5a20 19ab 4ec7 a4b3 167e80d468c4
数学する身体

数学する身体

47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a

inoue

Webエンジニア

理論の発展ではなく、数学する人間に焦点をあてた本。ギリシャ時代に始まり年代を追っていて、最後に到達するのはアラン・チューリングと岡潔といういずれも独特な数学者。とくに計算からコンピュータへの橋を渡したチューリングの物語が印象的です。

約4年前

B44af908 6433 4656 96d8 54d58262dea6136aee2f 5d52 40ac a350 633a63075b504b0c5241 80a2 472e b848 f6014e0eb756 36