61ye38t6jsl

1996年度ボローニャ国際児童書展ラガッツイ賞受賞。小天使の鈴、チェシャ猫の笑い、空飛ぶ絨毯、白雪姫の靴下留め…誕生日には何が欲しい?古今東西のお伽話から... 続き

コメント

わたしが今のところ世界で一番好きな本です。はじめてであったのは高校生の時でした。学校近くにあった大きな本屋で何気なく手に取った化粧箱入りの絵本……手が震えました。
物凄く好みの、まさに、好きを結晶化させたような本でした。

中身はまさに夢のカタログです。
白雪姫の靴下留め、親指姫のベッド、野生のピアノを捕まえる為に必要な塩……言葉を並べるだけでも身もだえしてしまうほどファンタジックで素敵なものばかりを取り扱った本です。
しかも中身もものすごく美しい。
繊細で綺麗なイラストは勿論、文字の配置、フォント、全てが完璧な調和をもって夢の気分を盛り上げてくれます。
何冊でも買って、保存用に手元に置いておきたい、でもボロボロになるまで繰り返し読みたい。誰かにとてもすすめたいけれど、誰にも知られたくない。自分だけの宝物にしておきたい。
そんな夢と詰められるだけの愛、美しさを詰め込んだ本だと思います。

その他のコメント

高校の図書館で見つけて、がんばって探して手に入れた本。妄想が膨らむ膨らむ

ワクワクすると同時にちょっと不気味にも感じる、おとぎ話のようなアイテムの写真がいっぱい出てきます。

読者

F305cac8 e136 4eea 9e0c ce6b9c1f47e95b6b314f 80a1 4eab 8f43 7a896e4c698cF28f12da 56dc 4042 8814 56e2dc18740a9e241c8e 5f45 4ff8 93c2 f1ce5d82d4ab 4人

アート

61iq4ilkzml
4d6b2209 2b40 47c2 b704 6e4b902df08f

yossy

ふるさとの山に向ひて言うことなし…

ミュシャの画集。 女性と花を調和させた装飾性の強い時期の作品から、 故郷の歴史を描いた大作『スラヴ叙事詩』全20作が収録されている。 *別ページで詳細で丁寧な解説もある。 端整な顔の人物、繊細かつ緻密な装飾、澄んだ色彩など、華やかな初期の特徴が、後期の『スラヴ叙事詩』にも含まれ目を引かれる。けれど、描かれているのは 故郷の「敗北、被支配〜再生」の歴史である。 一人の人間が自らの資質で、心の拠り所を模索する軌跡が伝わる一冊だ。

5日前

51mwe6pkk5l
47648ca8 2c45 450c a5ef 8a2242935235

月波洋子

プライベートで買った本と読んだ本…

とても読みやすかったのですが、知らないことも多く載っていたので助かりました。

15日前

41zghgzsqnl
C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b

Eiji Kobayashi

こヴィ。編集者・ライター

堀江さんの写真集。タイトルは島尾敏雄の『夢のかげを求めてーー東欧紀行』より。

18日前

51u38ybbt l
5d9aa654 0b5d 41e1 a880 d527ef95bd7b

しょこ

27 なごやの おんなのコ。

ニベアの青缶の美しさに ハッとなった。

20日前

C4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26c8dc7bce1 4556 4b18 8ae1 f3b5b39939e1E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f