51j2d7zscql

32歳になっても幼児の知能しかないパン屋の店員チャーリイ・ゴードン。そんな彼に、夢のような話が舞いこんだ。大学の偉い先生が頭をよくしてくれるというのだ。こ... 続き

コメント

ドラマも見たけど本が良い

読者

D53ec432 8281 4e7f b88e 48f11d1e6e02C369da62 a91c 48f0 81e9 d38ee893f278Ce5d21cd cf6d 4b88 a74c 3aa3aa94721fC7151b23 f8d4 41a1 8da8 4936e37410bbIcon user placeholderAb1d992b 7711 459a a42a 6cad8be264d1D0b7f1e4 733b 4ac5 9231 a9ad62d1df016e600628 6069 4671 8d97 275ffb9f998f 16人

ダニエル・キイスの本

心の鏡

心の鏡

Cf927e92 6b9d 4644 88d0 bf15d4cb1e88

masami

かるく読めるのが好きです

そういえばSFの人でした。 『アルジャーノンに花束を』の原型である中編も収録されてあるので、読み応えありました。

4年前

63245ee8 3e59 4747 b44c dcdb38723c7061d1dac0 ba8d 4a22 8769 e7fda6a1a1c9
24人のビリー・ミリガン〈上〉

24人のビリー・ミリガン〈上〉

88a97642 6673 44f3 a95f e9b55f8732ab

hato

しがない人

24もの人格を持つ多重人格者の実録。ノンフィクションではあるけれど、物語調にまとめられている。 たった1人の人間の中に、これだけ個性豊かな人格が生まれるものなのだろうか?一つ一つの人格は、感情を交えず冷静に判断する、危ない環境下で身を守る、痛みを引き受ける等それぞれの役割を持っている。 彼らの知識や能力を総合すると、とても人間業とは思えない程の多才ぶりである。(住んだことのない語圏の訛り、縄抜け、アドレナリンを制御して物凄い馬鹿力を出す…etc) 幼児環境は不遇だけれど、これだけ多様な人格を作り出したビリーは、ある意味天才ともいえるかもしれない。

4年前

Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311Icon user placeholderCa0d555e d827 404d 9a1f 3a7ecf2be8e3
アルジャーノンに花束を

アルジャーノンに花束を

5b34824b 851e 4b5d 8a4b e970271f60b2

shin_1201

ジャンルを問わずいろんな本を読み…

原文がどうなのかはわからないが、チャーリイの知能レベルの推移が日記の文体に上手いこと現れていたと思う。怖いくらいに…笑

4年前

0d3ceefa 52e0 4862 b03e 10de6f97da9071e6ec47 210c 4981 b1b4 119aef0baddfE7245062 a26c 4832 b620 d50414471cdd 189