513xtlw1qal

累計320万部の不朽の名作が新版に。野島伸司脚本監修、山下智久主演で連続ドラマ化が決定。知を求める青年チャーリイの苦悩と愛の物語。 続き

コメント

人と違う、ということがいかに生きにくいかを考えてしまった。考えさせられるだけに、読むのがしんどい本だった。

その他のコメント

知らなければ良かったと思うことも沢山ある。でも知識欲が人間の最大の欲だって、本好きの皆様なら分かるでしょう?

原文がどうなのかはわからないが、チャーリイの知能レベルの推移が日記の文体に上手いこと現れていたと思う。怖いくらいに…笑

読者

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8C1737d6c 78a8 4535 967a 3fd927417b763c367ff7 8d1b 49ff ad56 7a7d873580d3Ed56f445 daa3 45bb 8236 00ec7f9eddda72472b6d 8740 4752 9a21 2ff1e36240ac138bedbb 2945 460b 844c 37f25a676e30Icon user placeholderCff787fb 2c6c 4ddb a8ef 1756614425fe 180人

ダニエル・キイスの本

心の鏡

心の鏡

Cf927e92 6b9d 4644 88d0 bf15d4cb1e88

masami

かるく読めるのが好きです

そういえばSFの人でした。 『アルジャーノンに花束を』の原型である中編も収録されてあるので、読み応えありました。

約4年前

63245ee8 3e59 4747 b44c dcdb38723c7061d1dac0 ba8d 4a22 8769 e7fda6a1a1c9
24人のビリー・ミリガン〈上〉

24人のビリー・ミリガン〈上〉

88a97642 6673 44f3 a95f e9b55f8732ab

hato

しがない人

24もの人格を持つ多重人格者の実録。ノンフィクションではあるけれど、物語調にまとめられている。 たった1人の人間の中に、これだけ個性豊かな人格が生まれるものなのだろうか?一つ一つの人格は、感情を交えず冷静に判断する、危ない環境下で身を守る、痛みを引き受ける等それぞれの役割を持っている。 彼らの知識や能力を総合すると、とても人間業とは思えない程の多才ぶりである。(住んだことのない語圏の訛り、縄抜け、アドレナリンを制御して物凄い馬鹿力を出す…etc) 幼児環境は不遇だけれど、これだけ多様な人格を作り出したビリーは、ある意味天才ともいえるかもしれない。

約4年前

Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311Icon user placeholderCa0d555e d827 404d 9a1f 3a7ecf2be8e3