61%2bkxxgqafl

コメント

これまた評価は確立してる感あるけど、さすがに面白い。ゴールデンカムイと同時代にコレがあるとは…とまずは感じざるを得ないが、実はこちらは変則的(変態的?)アプローチでもなく、どちらかと言えばキングダムの発明した集団戦と戦略で見せるラインにしっかり乗って現代的な王道を堂々と展開する内容。キングダムはカルチャー描写うっすいので、その点ではゴールデンカムイ的にも楽しめる。何より日本の歴史で、あまり知られてない部分を扱うのは楽しくて良いな。

その他のコメント

アンゴルモア(恐怖の大王)とは、ヨーロッパを恐怖のドン底に叩き込んだ、モンゴル帝国の侵攻を指す。本作は文永、弘安の役(元冦)の最前線、対馬での戦いを描く。
歴史マンガ大好きだけど、戦国ものはさすがに食傷気味という向きには楽しめそうな作品。大河ドラマの「北条時宗」が大好きだった自分にはジャストミートですわ。

坂東武者のキラーマシンぶりと、異国の兵士の圧倒的な不気味さ。適度に史実に寄り添いつつも、奇想の閃きが随所に迸り、エンターテイメント作品として抜群の出来に仕上がっている。続きを読むのが楽しみ〜。

読者

15fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21cC1d67d44 389e 4f67 845c 3481cb6c867760729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835Picture 4人

たかぎ七彦の本

アンゴルモア 元寇合戦記(6)<アンゴルモア 元寇合戦記>

アンゴルモア 元寇合戦記(6)<アンゴルモア 元寇合戦記>

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

ここで金田城を使うのかあ〜。面白い。 金田城は飛鳥時代!に築かれた対馬島内の古代山城。白村江の惨敗を背景に国家事業として建造された城だけあって、こんな時代(7世紀)なのにオール石垣ですよ。 これを元寇の戦いで使って来るとは、なかなかにケレン味が効いていて良い感じ。

2年前

アンゴルモア 元寇合戦記(5)<アンゴルモア 元寇合戦記>

アンゴルモア 元寇合戦記(5)<アンゴルモア 元寇合戦記>

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

元寇、対馬の戦いは籠城戦に。 対馬は大きな島で、面積的には東京23区よりも大きい。しかも山あり谷あり、海岸線は複雑なリアス式海岸と、守る側には有利なのかも。 島民や、流人、異民族的な要素の強い刀伊祓の皆さん、バラバラの属性を持つ人々が、鎌倉武士的な一所懸命の概念で、まとまっていくあたり、なかなかに面白かったな。

2年前