51 yvlinn4l

コメント

★5 魅力的な登場人物たち、ジェットコースターのような息もつかせぬ展開、一寸先も読めないハラハラドキドキの連続、一気に読ませること請け合いである。

この本はとても読みやすく、前景と背景のバランスが良いのだと思う。魅せ方がまるで映画でも観ているかのような印象を受ける。現代にない描写は分かりにくい部分もあるが、それはそのまま受け入れればほとんど気にならないと思う。

SFは私の記憶では2冊目にあたる。ほぼ初心者で比較材料を持たないが、そのことを差し引いてもとてもオススメしたい本だ。

本屋さんをうろちょろしていたら目にしたので、今更ながらですが、SFの大金字を読んでみました。
ちなみにブレードランナーは未見です。

舞台は近未来、なんやかんやあって汚染され、人間以外の動物がとても珍しいものとなった地球。多くの人間は火星に移住しているらしいです。作中ではほとんど触れられていませんが。

主人公は地球に残っている数少ない人間の一人で、法を犯したアンドロイドを始末するバウンティ・ハンター(賞金稼ぎ)。賞金稼ぎとか言う割には所属は警察で公務員です。ちょっと笑えます。

その主人公が、6人のアンドロイドのグループに罰を下すというのがおおまかな内容でした。

作中では、人間とは一体なんなのか、人間にとって一番大切な能力は何なのか……というテーマについて論ぜられています。もちろん、その対比とされるのはアンドロイドです。

ディック氏は、その命題への答えとして、人間に一番大切な能力は『感情移入』だと結論付けています。相手を思いやる心、相手の気持ちになる事、です。
つまり人間でない、アンドロイドは『感情移入』が出来ない存在だと。

ちなみに僕としては違う意見を唱えたいと思いました。
果たして、人間は本当に『感情移入』を行えるのか?と、いう点で。
これを言い出すと説明が長くなってしまうので、中途半端に打ち止めさせてもらいます。
ですが、僕は少なくとも、この本の中においては、人間とアンドロイドの区別を明確につける事が出来ませんでした。

支離滅裂な感想になってしまいましたが(いつもそうじゃんとか言わないで)、この作品を読んで、人間というもの、アンドロイド(機械)というもの、それらの関係性、違い、をどう捉えるかは個人の自由だと思います。

昨今、IT分野ではディープラーニングという機械学習が盛んになっており、AI研究におけるブレイクスルーとも言われており、IBMの開発したWatsonは、過去最強レベルの人工知能と評判になっています。

この本に出てきたようなアンドロイドが現実になるのもそう遠い未来ではないかも--いや、相当遠いんですけどね。
…………まあ、人間と遜色ない思考をすることができる(倫理関係含め)人工知能自体は、あと数世紀で間違いなく開発されるでしょう。
そんなとき、その相手にどう接するか。

そんなことも考えながら読んでみると面白いのではないでしょうか?

追伸:車空飛ぶしアンドロイド闊歩しているのに電話の取り次ぎがいたりそもそも固定電話しかなかったりというか情報端末という概念自体がなかったりっていうのは時代を感じました。

2016/04/04 読了

信じることの難しさ。
疑うことの難しさ。
全部が偽物だったら、と考えてしまいそうな世界に怖さも感じました。

映画「ブレードランナー」原作。惹き込まれる世界観に一気読み確実な名作。

ブレードランナーですね。
AIの話題に事欠かない最近、あらためて読み直そうと思います。

想像力の低さ故にムードオルガンやマーサー教とかは正直よく分かんなかったけど(´ω`;)
人間と人造人間の区別がつかなくなって、主人公が疲れていく描写は面白かった!

タイトルだけでも、いろんなところに影響が。
映画も非常に良かったけど、原作を読んでガッカリしなかった、数少ない作品の一つ。

結局SFってだいたいが人間とそれ以外を定義するために、人間とは何かを考える話に集結していく気がする。哲学だなと。本作も特に哲学を感じた。

読みやすいSF。
世界観の設定がリアルでスッと入ることができる。フィリップ・K・ディック初読みだったけど、また別の作品も読みたくなった。
静かな物語だけどドキドキして、あー未来ではこんな考え方や出来事、葛藤もあるのかーって素直に思えた。
なんせ有名すぎる作品。

本作ではアンドロイド(今流行りで言えば人工知能)と人間の最大の違いは「感情移入」が出来るか否か、というスタンスである。
しかし、人間もアンドロイド的な一面もあれば、アンドロイドも人間的な一面もある事を示唆している。

アンドロイド達はtheyなのかitなのか。
この「記憶」と「自我」は己自身のものか、洗脳されたプログラムなのか。

ラストでは人口ヒキガエルに「感情移入」をする主人公。
目まぐるしく人工知能のロボット工学が発展している21世紀初頭の現在。今一度、「人間」と「アンドロイド」の在り方を向き合う時かも知れない。

感情移入はヒューマンエラー?

ブレードランナーの原作。
人間とアンドロイドとの境界線は何処なのか、固定観念がが行ったり来たりしてガタガタになる。

言わずと知れた鬼才ディックの長編小説。昨今リメイクが製作されると言う噂の映画「ブレードランナー」の原作。人間に紛れたアンドロイドを処理する男リック•デッカードは、モノと生命の存在性に困惑しながらも彼らを追う。

タイトルがとっても素敵。どんなお話なのかと想像するのも読書の一端ではないでしょうか。
現実を疑うというのは恐ろしいことであると再認識。だが、それは面白くもある。嵌る怖さの方が大きいけれども。
個人的にSFは取っ付きにくいイメージが強い。確かに、文体も世界も独特。しかし、入り込んだ後のワクワクが堪らない。なので、少しずつ慣れていきたい。

2015/12/07 読了

有名なSF。映画「ブレードランナー」の原作であるが、やはり色々違う。
「逃亡してきたアンドロイドを処理して報奨金を得るバウンティハンターの話」
ではあるのだが、行き詰まる死闘や駆け引きを楽しむというより、さまよいがちで不安定で小市民的な警官が、
「報奨金が出たら電気羊じゃなくて本物の動物を飼ってやる」
という社会的ステータスを夢みたり、でも思惑通りにいかずがっかりしたりする話だった。

「人間とアンドロイドを隔てる違いは共感性の有無である」と本作では言っているが、他者に共感できない人間はアンドロイドみたいなもの、というのは言い過ぎか。

映画のブレードランナーにハマり、原作も読んでみよう!と思い購入しました。正直に言って最初はSF小説に抵抗がありましたが、そんな人にこそ読んでほしいです。

題名がすべてを表している。1970年代の本とは思えない。

実は読んだことないので読む。この改訂版シリーズはジャケ買いの価値あり。

読者

Icon user placeholderCee9898e 9704 47ce 97e2 a3a55b47bfd7Cb81cf0a a26d 4ed4 9e1f 09e821a81af48fccfba6 78fc 477f a546 a3125957caa18b6c4f37 de77 412e bf83 f5661fcfbfc9354e20b4 1841 4138 975e d73c9796cdcc354675bd 2507 4ded 8766 8f5376fb0bba8492b614 da34 4879 a8f6 896da5fdf679 176人

フィリップ・K・ディックの本

高い城の男

高い城の男

47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a

inoue

Webエンジニア

ナチスドイツと日本が二次大戦を制した後の世界。進駐日本人の支配下に置かれたアメリカで、逆に米英の勝利を描いた一冊の本がベストセラーとなって静かに広まっていく。運命の変転を易経の卦を通じて描く。

3年前

5ed9d885 1800 4df1 bd38 72be7f43f53b15498c21 ba9a 4e1f b0d5 f46447b41bf284d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690 46
トータル・リコール

トータル・リコール

5919f8a5 d2ba 47a4 a8dc 23ef5eace2fc

マコト

渋谷区在住

鬼才ディックの短編集。その多くが映画化されているのは、やはり発想の見事さと、秀逸なストーリーテリング技術なのかもしれない。表題作トータルリコール、マイノリティリポート、ペイチェックなど。SFの未知の世界観は映画だけではなく、原作小説も眠る前のひと時に丁度良い。

約4年前

C06e79c3 63b1 4179 8ec5 2054358a9e635add06fa 3a81 4e51 a9cf 262f9b4137949e3c5de7 39e0 48aa 9c39 fe905b0cd6e1 8