41zkmoninil

「手のひらを太陽に」の作詞者でもある戦中派の作者が、自身の風変わりなホップ・ステップ人生を語る。銀座モダンボーイの修業時代、焼け跡からの出発、長かった無名... 続き

コメント

やなせたかしってピノに似てると思う。

小さい頃によく食べたピノ。
大きくなってくるとピノじゃ物足りなくなる。

だけど大人になると
やっぱりいいじゃん
そう思う感じが。

読者

0323be6f ebcd 4a91 9b7f 9c19f7687877

やなせたかしの本