51ojwupy1nl

休暇で沖縄に帰ってきたリョウは、親孝行のため「おかあさん」と3日間島内を観光する。一人目の「お母さん」はリョウが子どもの頃に亡くなり、再婚した父も逝ってし... 続き

コメント

ふわーっと漂う波のように、掴めそうで掴めなくて、でも気づけば確かに手の中にある確かな愛。

複数の場面がクロスオーバーしながら展開される
謎は謎のままに終わるがそれが返って読後のすっきりとした感覚にしてくれる印象
親子の絆や登場人物の人間らしさに心が動かされた

私は好きでした。
行ったことはないけれど、沖縄の景色が浮かんできて
何だか切なかったり、暖かかったり
いろんな感情をギュッと詰め込んだような一冊。

子供のまま大人になったような父親に振り回されてばかりの主人公
お母さんに死なれてまだ1年しか経っていないのに 北海道からいきなり沖縄に連れてこられて 新しいお母さんだと言われても 素直に受け入れられない
でも新しいお母さんがすごくいい人だから 父親が死んだ後も ずっと親子としてやってこられたんだと思う
あの最後の不思議な3日間は お母さんが望んだ神様からの贈り物でしょうか

読者

Icon user placeholder7d8e41ec 6211 40ea bd26 48c1cd52ac02D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd2965b89b30 f891 4d14 89af d24e21e2fbc6Icon user placeholderDdf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1eD813a3cb 04c0 4bfc 9e55 97d89fdaf4f91cffe930 8823 424e ba1a 2eb9110c9c0a 29人

有川浩の本

ヒア・カムズ・ザ・サン

ヒア・カムズ・ザ・サン

79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd

kuwa

小学生を相手に、日々働いています…

登場人物や設定は同じなのに、ストーリー展開が違うだけで、こんなにも父親像が変わって見えることに驚かされた作品。 それに、2つ目を2つ目に持ってきたところがまたいい。逆だったらこんなにも心に残らなかったと思う。 「親は立派な人であるべきだっていうのは、子供の幻想」だから「諦めろ」のくだりは、皆が一度は通る道なのかもしれないなぁなんて読後感。

約2か月前

D13ac351 6a8b 4f23 ae40 0869116ee6c0Icon user placeholder113540f5 5b15 4481 9377 a7d6a1f51c57 28