51s0oak4i l

亡き妻が遺した、八つの不思議なチャーム。そこに秘められた妻の過去を追ううちに、アーサーは思いも寄らない冒険に乗り出していく……。笑いあり涙ありの、ハートウ... 続き

コメント

本書の主人公は、最愛の伴侶ミリアムを亡くし、毎日のルーティンワークに埋没することでなんとか生きている69歳のアーサー・ペッパー。
お向かいさんとは挨拶のみ、お隣さんからは居留守を使って逃げ回り、葬式にも出てこなかった娘、息子とは疎遠になっている。
そんな彼が、一周忌を機に妻の身の回りの品を整理することに。
ところが、遺品の中からゴールドのチェーンに八つのチャームがついたブレスレットを発見したアーサーは、ブレスレットに妻の「秘密」を感じ取りつつ、心に潜んでいた冒険を切望する気持ちにも気づく。
そして、ゾウ、花、本、パレット、トラ、指ぬき、ハート、指輪の八つのチャームの由来を探求する旅に出ることを決心するのだか…。

自宅を出たアーサーは、トラに襲われたり、強盗にあったり、見ず知らずの人の家に泊めてもらったり、孤独な誰かのために手を貸したり、妻以外の女性とデートをしたり。
そして彼は知る。
この世界には自分とミリアムと子どもたち以外の他者が泣き、笑い、必死に自分の人生を生きている!
そして彼は以前とは違う気持ちで子どもたちやご近所さんと向き合い、新しい関係を築き始める。

人生に発見を、偶然を、ハプニングを、新しい出会いを!
そしてそれらを受け容れ、違う世界に踏み出す勇気ある一歩を。

読者

C17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f8808634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c64081438 7136 4ce9 9620 8f9d4f403bb7A7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b5771f179d9 4336 4ee3 957c 89270efa45229b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d 6人

文芸

ヘイ・ジュード 東京バンドワゴン

ヘイ・ジュード 東京バンドワゴン

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

シリーズ13作目 1作目から全て読んでいるので 子供達の成長がよくわかります 大学生、高校生、幼稚園児になり 将来が決まってくる中 恋愛や結婚や人の死も関わってきて 誰もが通る人生がそのまま形となっています 堀田家はたくさんの人がいるので 相談や助けが必要なとき 困らないだろうなぁ なんせ 諸事情万事解決ですから

約10時間前

0fe26894 0f40 4293 be12 ce16d0cee15bA4bd55bc 1e40 40f1 969b 1c67ec341833
炎上する君

炎上する君

9bf08c61 71ea 457c bc63 c574c7067a2c

ジュニ

サスペンス、ミステリー、推理、ホ…

”この三年間であなたが一番得意になったことは、あきらめることだ。” ”でも今、数々の「あきらめ切れなかった」事々を思い出し、あなたは不思議に思う。”

1日前

6ee099c2 876b 42c6 a86e a50b5b0d369b3b1984e7 90a5 4314 9b49 a65600d890fe6b1ecbd4 c8fe 4904 bba2 58e97a02453b 9
ぼくは勉強ができない

ぼくは勉強ができない

342ce25e 820f 4ec0 914f ad7185d0e523

_09.63_

寝る間も惜しんで本を読みたい

恋を知らない 愛を知らない 女を知らない 男を知らない人たちに読んでほしい こんなにカッコよく高校時代を過ごしたかった

1日前

すみれノオト ---松田瓊子コレクション

すみれノオト ---松田瓊子コレクション

D2753c7a 86bb 4be1 817f dc13905388de

sakupan♪

綺麗なもの、可愛いものたちを偏愛…

日本にも、戦前まではこんな「良識ある両親に育まれ、クリスチャンとしての信仰を守り、純粋で無垢で可憐なお嬢さん」が本当にいたんだなぁ… 今はもう、絶滅してしまった、そんな「お嬢さん」の描く、可憐で繊細で美しい物語。 美智子妃殿下が作者の愛読者だったのも頷ける。 ただ、作中で、19歳の自分を「こども」と自称するのはどうなんだろ?昔はもっと早熟だったのでは(女学校卒業してすぐ嫁ぐとかありふれた話だったみたいだし)?今の19歳の女の子でも自分を「こども」とは言わない気がする…ちょっと違和感。

1日前